セキスイハイムbjベーシックで家を建てる

40代おっさん。嫁と3人娘。家づくり知識ゼロ。 突如、家を建てる事を決心。さてどんな家が建つのやら。

太陽光発電は元が取れるのか?①【個人的考察】

54e3639b0fc9e168c85b2f2cd16ba186_s.jpg

どうも!八郎です!!

 

セキスイハイムでおうちを考えようとすると、必ずぶち当たるのは「太陽光発電」を載せるか、載せないか?

セキスイハイムでなくとも、太陽光発電を積極的に推してくるHMは結構多いです。

 

ここで、気になるのはズバリ「太陽光発電を載せて元が取れるのか?」と言うことだと思います。

「つけて得するならつけるけど、本当に得するの???」

と言うのが、八郎のファーストインプレッションでした。

簡単に言えば、

 

 

 

「初期投資」+「維持費」+「光熱費」 < 「発電量(光熱費打ち消し)」+「売電収入」

 

 

 

となれば、太陽光発電を載せるのはオトク、と言うことになります。

しかし、一概にトクか・損かは、コスト計算だけでは勘定できない部分もあります。

今回から数回に渡り、太陽光発電は元を取れるのか、を個人的に検証します。

まずは、太陽光発電と関わりの深いオール電化について取り上げます。

 

 

あくまで、個人的に、しかもごくごく基本的な事しか書きませんので、本当に参考程度に見てもらえれば、と思います!!

(わかりやすく書くために表現も乱暴で直線的なものが多いです、御了承下さい)

 

 

◆オール電化について

5fb169c67d8374d4743f76cef6d2e928_s.jpg

まずは「オール電化」からです。

なんか、かっちょいい響きがするような気がするのは八郎だけでしょうか?

しかし、このオール電化。注意が必要です。

 

・注文住宅で最初からオール電化にすると、ガス併設にすることは「基本」出来ない

913692160e99badba35332826038dbe8_s.jpg

注文住宅でオール電化を選択すると、ガスを引かない前提で基礎工事が進むので、ガスを引き込む工事はいっさい行われません。

ライフスタイルの相違で「やっぱりガス併設にすればよかった!!」と思っても、ここからガスを引くのには多額の費用を要します。

オール電化で進めつつ、ガス併設にする可能性がある場合は、その旨を営業に伝えましょう。

多少高くつきますが、家が建ってからガスを引き込む金額に比べれば大した金額ではありません。

 

 

・オール電化は、昼間の電気代が高くなり、夜間の電気代が安くなる

4afe95f545a587155ecc296361c05c3e_s.jpg

これは八郎知りませんでした。

よって、太陽光発電を載せてオール電化にすると、昼間の電気代が上がってもそこは太陽光発電でカバーする、という事が出来ますが、

もし、太陽光発電を載せずにオール電化にすると、昼間の電気代が上がるので、昼間に家事をワシワシやって夜ゆっくりしたい人は注意が必要です。

多分、電気代が上がります!!!!

太陽光発電を載せない場合は、ライフスタイルを考えてオール電化にするかを考えましょう。

昼間は誰もいなくて、夜みんな家に帰ってくる、とか言う場合はオール電化もありかと思います。

昼間に在宅率が高い場合は、オール電化にするより、ガス併設の方が光熱費が安くなる場合も少なくありません。

よく分からずに、雰囲気やノリでオール電化にしようとしている八郎家のような考えの方はご注意下さい(笑)。

 

 

 

◆注文住宅は入居後すぐ太陽光発電の恩恵に与れない場合が殆ど

9bc739763f79362056b958b34ef322fd_s.jpg

「おーし、スマートパワーステーションで、太陽光も10kw載せたもんね!これで入居と同時に売電しまくりや!ウハハハハハ」

 

と妄想されている方は注意が必要です。

厳密には、「発電」はしているんですが「発電の恩恵」には与れない方が殆どかと思います。

なぜなら…

 

 

 

太陽光発電の政府の認定が遅れに遅れているから

 

 

 

です。

太陽光発電による「売電」は「事業」に相当します。この事業の「認可」が現在遅れに遅れています。

まあ理由はいろいろあるんですが、専門的過ぎて八郎よく分かりませんでした(笑)。

どれくらい遅れているかというと…

 

 

 

3ヶ月~半年

7332b940430fd52d1f8fbcda1eb1f68e_s.jpg

だそうです(呆)。

入居後暫くは、ばりばり発電しているんだけど売電できません、ゴメンナサイ状態になるかと思われます。

ここは注意が必要です。

 

 

 

「おいおい売電単価が高いのは最初の10年だろ、その分は泣き寝入りかよ!」

 

 

 

と言う当然の質問が出てきそうですが、それは大丈夫!

売電期間は、あくまで「最初の売電が始まってから10年」なので、そこは安心して良さそうです。

ちなみに、建売の場合は、うまく行けば入居と同時に売電できる状態になっている場合「も」あります。

この分は、HMに確認を取ってみることをオススメします。

 

 

 

長くなりそうなので今回はここまで。

次回は「売電価格」と「屋根の形状」についてふれたいと思います。

ありがとうございました!!

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます。下記バナーをクリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング