セキスイハイムbjベーシックで家を建てる

40代おっさん。嫁と3人娘。家づくり知識ゼロ。 突如、家を建てる事を決心。さてどんな家が建つのやら。

【第9話】新たなる局面

74c9737078e6f53f12f08595e4de519e_s.jpg

どうも!八郎です!!

 

物件Aの購入を本日中に決断されるよう迫られた八郎家。

帰宅してからは、夫婦でパソコン、スマホの前で検索大会が始まります(笑)。

 

 

 

とにかくひたすら調べました。

「A社 評判」

「建売 値引き」

「建売 32坪 価格」

「建売 値引き 300万」

etc

 

それはそれは色々調べました。2時間くらいぶっ続けでパソコンとにらめっこです。

ただ、目ぼしい情報は得られないまま時間だけが過ぎていきます。

 

 

 

ここで余談ですが、このような検索はあまり効果がありません。

お分かりかと思いますが、冷静に紐解きます。

 

 

・○○メーカー 評判

 

当然悪い評判が上位に並びます。

なぜなら、良い評判をネットに書き込む人より、悪い評判をネットに書き込む人が圧倒的に多いから。

人生最大の買い物と言われているマイホーム。

何せ払った金額が金額です。満足して当然。不満があればその不満は何物にも替え難いと思います。

その何物にも替え難い思いをした人たちが書き込む悪評判です。

事実が捻じ曲げられて、とは言いませんが、やや尾ひれがついて書いてしまう人もいると思います。

「ネットの情報は取捨選択が大事」

とは、どこかの掲示板開設者のことばですが、本当にその通り。

ネットの情報が全てではありません。

参考にはなるかもしれませんが、全てを鵜呑みにするのは危険と言わざるを得ません。

 

 

・ 建売 値引き

 

こんな検索ではまともの情報は出てくるはずもありません。

建売の状態如何で、値引き額は大きく変わります。

出来立てほやほやの建売と、物件Aのような新古や、理由あり物件では当然値引き額は全く違います。

金額や坪数入れたところで、立地条件でも変わりますし、具体的な情報や欲しい情報は得られないでしょう。

 

 

ちなみに、値引き系の話は、家を建てた人に聞くのが1番早いです。

身近に家を建てた人に、

「値引きいくらだった?」「どうやって値引きした?」

と聞いたほうがよっぽど具体的で有益な話が聞ける様な気がします。

もしくはこうした施主のブログで質問するのも良いかもしれません。

 

 

 

では本題に戻ります。

 

時計も18時を過ぎた頃、嫁がポツリと呟きます。

 

 

 

嫁「私、やっぱりあの(物件Fの)間取りがいい…」

 

 

 

そこで、八郎も検索や比較検討をやめました。

非常に高価なマイホーム、安く建てるに越したことはありません。

しかし、「こうしておけば良かった」という思いを引きずったまま、購入に至るのは後悔しそうですよね。

大事なのは「その家に愛着はあるか」です。

愛着を感じない家は買うべきではありません。

 

 

 

八郎「そうだね、わかった。やめよう。」

 

 

 

大事なのは、300万の値引きが妥当か、ではありませんでした。

八郎家にとって「物件A」は、望んでいた家なのか、ですよね。

どんなにサービスして、お買い得であっても、それは本当に住みたい家なのか?

そんな大事な決定を、1日で下せるわけありません。

 

金も無いくせに、エラソーなこと言っていますが、一生に一度のビッグな買い物です。

安いに越した事はありませんが、後悔のない家を購入したい、そう思いを新たにした出来ことでした。

 

 

 

八郎「A社も注文住宅もやっているみたいだから、断るついでに、あの物件Fの間取りを再現したらいくらになるのか聞いてみようか?」

 

 

 

こうして八郎家の家づくりは、「建売の購入」から「注文住宅」へと舵を切られることになるわけです。

 

 

 

余談ですが、その後物件Aはチラシが入ることなく八郎が断りを入れた2週間後に売れていました。

(物件Aの前を通ったら、売約済、の札が立っていました)

 

 

 

さて、次回は新章突入。「注文住宅への道のり」です。

君は、選び抜くことができるか。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。下記バナーをクリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング