セキスイハイムbjベーシックで家を建てる 皆さんに読んでもらいたい記事(2)

どうも!八郎です!!
今回も、前回に引き続き、

        

「筆者が皆さんに読んでもらいたい記事(2)」

        

をお送りしようと思います。

        

読者「自分の書いた記事を読んでほしいとか、キモすぎワロタwww」

読者「ここのブログ主、あたまおかしいんじゃないの???」

         

と言う声にもめげず、
KY全開で紹介したいと思います(笑)

果たして今回で無事終わるのか?
それとも。。。
泥沼の3回目が待っているのか!?(←は?)

        

それでは、お付き合い宜しくお願い致します。

      

セキスイハイムでエアコンを手配するのも悪くない

【第96話】セキスイハイムでエアコンを設置するメリット

これを書いたときは、まさか検索の上位記事に来るとは思いもしませんでした。
単純に、セキスイハイムでエアコンを手配するのも悪くないよ、
というメリット的な記事を書いたんですが。
書いたタイミングが春だったものあり、あっという間に検索上位に顔を出しました。
     

HMでエアコンを手配すると高いイメージがあると思うんですが、
意外にそうでもなかったこと(絶対額では家電量販店に負けると思いますが)
また引き渡しと同時にエアコンが設置されているのは、
即住みたい方々には大きなメリットかもしれません。
またHM手配は、隠ぺい配管が依頼できるので、配管が気になる人や、複数ある室外機を一カ所にまとめたい方には必須の選択肢です。
また、ダイキンのエアコンが選べるのも地味に大きなメリットだったりします。

         

磁器タイル外壁の「意外なメリット」?

【第108話】完成!我が家のセキスイハイムタイル外壁デザインや色使いを公開しますっ!

磁器タイル外壁のメリットはメンテフリー、なんですが。
個人的に、もうひとつの「メリット」を推すために気合を入れて書いた記事です。
そのメリットとは。。。

         

タイルの貼り分け

           

です。
これで、バリバリに自己主張をしちゃいましょう!
もちろん、1色の方が統一感があって落ち着いた感じになります。
しかし!
貼り分けたほうが絶対に楽しいと思いますよ!
八郎も毎日夜な夜な、貼り分けを考えてワクワクしていました。

          

打ち合わせ最終仕様確認は重要ですよ。。。

【第119話】もう戻れない、痛恨の確認漏れ

#306_セキスイハイム 最終仕様確認書の効力

八郎のやらかし記事です。
最終仕様確認時に、考え事をしていて、自分のこだわりのダウンライトの色を確認漏れ。
自分のイメージ通りの施工になっておらず、頭を抱えてしまう、と言う内容です。

          

皆さまはそんな馬鹿な事はしないとは思いますが(笑)
最終仕様確認時はしっかり耳を傾けて聞いて、
特に自分の思いが詰まった箇所は、
耳の穴をかっぽじって、よく聞くことをオススメします。
ここで決まった仕様は、基本変更できませんので。
マジで大事ですよ。。。

         

最終仕様確認で嫁のプラン大胆変更

【第120話】バルコニー、消ゆ

【第121話】バルコニーさんサヨウナラ、吹き抜けさんコンニチハ

八郎がブログに明確に書きたい!
と思っていた記事2つの内の2つ目がこれです(笑)

         

あまりドラスティックな変化を望まない嫁が、
人が変わったかのように大胆な変更を提案。
バルコニーやめて、吹き抜けにして吹き抜けを2ユニット分に拡大する、
という聞いた当時は耳を疑うような大幅な変更でしたが、
住んでいる現在、この判断は正しかったね、と今でも語り草の大変更劇です。

           

しかし、ハイム側も、おっ、いいんじゃね?くらいの簡単なノリなのにびっくりしました(笑)
これは恐らく良い例とは言えないでしょう。
むしろ、後悔してしまう可能性も孕んでいる、いわば「危険な賭け」だったと思います。

       

しかし、こんなドラマを経験しました!
という事をブログに書こう!と思ってブログを書き始めたのは良い思い出です。

       

内装を変更したければ早めにHM(IC)に連絡を!

【第171話】納得のいく内装を目指す旅へ

最終仕様確認でインテリアもある程度決め込んでしまうんですが。

       

○やっぱりカーテン変えたい
○やっぱりクロスを変更したい

        

そんな思いが抑えきれなくなりそうなら、
早めにHM(ハウスメーカー)かIC(インテリアコーディネーター)に相談してみましょう。

         

嫁も、最終確認後に色々な人の内装事例を見て、変更したいと思うようになったようです。
特にカーテンをラインドレープ(バーチカルブラインド)に変更したい所からスタートして、
インテリアもアクセントクロスも全部変更しました。

           

変更して見てから、良し悪しが正直ありましたが、
トータルでは満足しています。

        

もし、変更したいと思ったら。。。
その次の瞬間にでも連絡してみましょう。
早ければ早いほど、良いと思います!

           

セキスイハイムの地鎮祭

【第173話】セキスイハイムの地鎮祭 必要なものは?服装は?所要時間は?

セキスイハイムの地鎮祭の疑問に答える?記事です(笑)
今の所2本しか作成されていない動画の1本も収められている、貴重な記事です(笑)
セキスイハイムじゃなくても参考になると思いますので、
良かったら動画もろとも、ポチっとしてみてください。

          

セキスイハイムの上棟(ユニット据付)

【第198話】感動!!セキスイハイムのユニット据付(上棟)、青いキャンバスに我が家が舞う

セキスイハイムの、独特で、且つ感動する上棟(ユニット据付)の様子です。
こちらも、2本しか作成されていない動画の2本目が収録されています(笑)

          

工場で作られたユニットがトレーラーで運ばれて、
クレーンで空高く舞い上がり、
あれよあれよと言う間に積み上がって完成していく様は、
何度見ても圧巻です。
▲あ、動画のPRです(笑)是非ご覧ください。

          

セキスイハイムのユニット据付は、
他HMとは一線を画す特徴だと八郎は思っています。

            

落ち着いて用を足せないトイレ問題は建具の干渉問題に発展

#213_落ち着いて用を足せないトイレ

#215_開き戸&開き戸 建具の干渉を許容するのか?

当ブログで意外な盛り上がりを見せた「落ち着いて用を足せないトイレ」問題。
図面上では綺麗に収まっていても、
現場で施工しようとすると、

       

「あれっ?」

        

と言う違和感を感じてしまう、現場あるあるにハマってしまいます。
この時、建具同士の干渉は「トイレを折れ戸にすれば解決するのでは?」
と言うアドバイスを読者さまから頂きましたが、
結論、トイレを折れ戸にするには、ドア部分の面積が狭すぎる、と言う回答を後に頂きました。
トイレに余裕を持たせるなら、建具の干渉は避けられなかった、という事になります。

        

ただ、現状、建具が干渉したことは1度もありません。
場所が場所なので、2箇所が同時に開いて干渉することは、今後も殆ど無いと思われます。

       

更地からセキスイハイムの家が完成するまで

#277_更地からセキスイハイムの家づくりが完成するまで-我が家が出来るまで【総集編】-

更地から、家が完成するまでを、定点観測で写真に収めた記事です。
毎日写真を撮ったわけではないので、連日の写真が収められているわけではありませんが、
何となく、ハイムで家を建てるとどんな感じで更地から家が完成していくのか、
参考にはなるかもしれません。

         

アクセントクロスがアクセントになっていない

#297_アクセントクロスがアクセントになっていない!?

これは結構注文住宅あるあるみたいです。
カタログを見て、これだあっ!!
と思って選んだアクセントクロス。

       

しかし、現場でいざ、施工されると。。。

             

あれ?いや?ん?なんか。。。違う。。。

           

となる事が少なからずあるそうです。
まず、見え方がカタログと現場とでは異なる事。
カタログより、現場の方が色が薄く見える、と言われています。

        

ちょっと薄いけど、まあいいかー、
という感じでクロスを選ぶと、
八郎家のように、現場で見たら全然違いがわからん。。。
となるかもしれないので、注意が必要です。

        

なので、色をしっかり見せたい場合は、
少し濃いくらいの色目をカタログで選んだ方が良いかもしれません。
当然、カタログをどのような状態で見ているかでも、見え方は違うと思います。

     

WEB上で見ているのか、サンプルを見ているのか、
サンプルを見ている時の照明の状態は。。。
等でも見え方は変わってくると思います。

ただ、ほぼ例外なく「現場では薄く見える」らしいので、
そこは頭に入れてアクセントクロスを選ばれて下さい。

        

快適エアリーとラインドレープは相性が悪い?

#242_ラインドレープと快適エアリーは相性が悪い?

相性が悪い、と言い切ってしまうのには語弊があるかもしれませんが、
快適エアリーの「ガラリ」はリビングのサッシの所にはほぼ間違いなく付きます。
もし、ラインドレープと快適エアリーを同時採用した場合、
ラインドレープが快適エアリーの風に煽られて、
スイッチを入れている間中、ゆらゆらとドレープが揺らぐことになります。

         

気になるかもしれない場合は、同時採用は考えた方が良いかもしれません。
ちなみに、八郎の分譲地のセキスイハイマーさんで、
リビングのラインドレープが最近ゆらゆらしている家があります。
恐らく同時採用している物と思われます。

        

ちなみにエアコンの送風でもドレープは揺れます。
揺れますが、エアコンの場合は風向きを変更すれば、
ドレープの揺れはほぼ解消できます。

        

ダウンライトの色は何気に重要

#303_ダウンライトの色はどうした?光色オプション採用と電球色をやめようとした理由

ダウンライトの照明の色は、
その部屋の雰囲気を大きく変えるだけでなく、
その部屋にいる人の気持ちにも大きな影響を与えます。

        

また、食事をするのか、くつろぐのか、デスクワークをするのか。。。
その部屋で何をするのかで、適した色に違いがあります。
フロア全体で色を統一するのもありだし、
場所場所で色を変更するのもアリだと思います。

        

部屋部屋が仕切られておらず、空間が続いている場合は、
見え方の問題もあるので、色は変えずに合わせた方が無難です。
逆に、部屋部屋が壁やドアで区切られる場合は、
色を変えるのは全然アリだと思います。
皆さまでよく検討されてみてください。

        

でも、実は大して後悔はしていません(笑)

と、言う事で、八郎の失敗談を2回に渡ってお送りしました。
このブログのコンセプトが「情弱」という事もあり、実に色々な失敗を重ねております。
これを読んでいただいて、皆さんの家づくりの失敗防止に役立ててもらえれば、
八郎もブログを書いた甲斐があるという物です。

      

でも、じゃあしこたま後悔しているか?
と聞かれたら。。。

      

実はそうでもありません(笑)

       

 

なぜなら、
旧居に比べればすこぶる快適だから。
上を見たらきりがありませんからね。
昔に比べれば、格段に住みやすくなりました。
ホント、雲泥の差です。

        

そして、後悔を恐れている方に、
超ド定番の言葉をお贈りしますね。

       

住めば都

       

ですよ(笑)
もちろん、未然に失敗を防ぐことは重要ですよね。
色々な情報を仕入れて、失敗しないように準備する事、
それはとても重要な事です。

しかし、それだけ準備をしたにも関わらず、
失敗してしまったのなら、
それは受け入れられるような気もします。

これだけ調べたけどこうなってしまった。
これは致し方ないな。
ってね。

それに、掻き乱すことをいって恐縮ですが、

          

失敗を恐れ過ぎてコンサバな選択

         

ばかりになるのも結構つまらないですよ。
どこか一カ所くらいは、
自分の勘を信じて冒険するのもいいかもしれません。
。。。ウン千万がかかっているので、
あまり軽々しいオススメは宜しくないとは思いますが(笑)

      

何度も言って恐縮ですが、
この記事が、皆さまの家づくりのお役に立てれば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

         

今回は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

八郎を「フォロー」お願いします!!
ブログを更新するとTwitterでブログの更新情報がツイートされます。良かったらフォローをヨロシクお願いします!!
応援クリックお願いします!!
皆さまの「ポチッ」が励みになります!良かったら応援のポチッをお願いします!!にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

セキスイハイム(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です