#300_引き渡し前から後悔ポイントが出来る我が家

どうも!八郎です!!

引き渡しまで後5日。
アクセントクロスが、自分たちのイメージと違う出来だった事に
慌てふためく八郎家。

インテ担当に、クロスの貼り替えが出来ないかを打診します。
。。。しかも引き渡しまでの実質「4日間」で(笑)

       

周囲への迷惑を省みない、
迷惑千万な施主、ここに爆誕。

       

ハイムに沢山のお金を払っているんだ!
マイホームは一生に一度の大きな買い物だ!

       

そんな、施主にあっては無い驕りが、
今思えば、心のどこかに巣くっていたのだと思います。
その、わがまますぎる八郎家の要望を、
インテ担当はどう捌き、どう対応したのか?

       

それでは、続きをどうぞ!!

     

インテ担当から着信

スマホ「ブーッ ブーッ ブーッ」

       

八郎のスマホのバイブがなります。
着信は。。。インテ担当からです!
既に、この時の時刻は、夜の8時を回っています。
もうインテ担当も本日の業務は終了のお時間なはず。
施主の1本の電話で、仕事を終わるに終われないインテ担当。
冷静に考えれば、非常識この上ない話です。

      

しかし。
八郎家にとっては、自分達のアクセントクロスへの思いが届くかどうか、
極めて大事な案件でもあります。

      

しかも1度決めた内容をひっくり返した歴史があります。
しかも、ひっくり返して、あげく失敗するなんて。。。

      

バカ丸出し(笑)

     

ここは何としても避けたい所。
これほど、期待を胸に電話を取ったことは。
ここ数年記憶にありません。

    

八郎「もしもし!」

インテ担当「セキスイハイムのインテ担当です」

      

。。。やはりテンションは低い感じがします。
これは。。。
面倒な気持ちが声に出てしまっているのか、

それとも、

これから話される内容が、よくないものなのか。

いずれにしても、八郎家にとってはバッドニュースです。

     

八郎「で、どうでした?」

       

出来ない事は無い、が。。。

インテ担当「はい、クロスの施工会社と電話がつながって」

インテ担当「足場を明日解体する、と言う事を話していましたので」

八郎「(コクコク)」

インテ担当「足場の解体をストップさせることは可能です」

八郎「えっ!本当ですかっ!?」

      

おおおおおおおおおおおっししゃあああああああぁぁぁぁぁぁぁっ!!

    

これは朗報、いや吉報!
貼り替えに大きく前進です。

    

しかし、ここで八郎は大きな勘違いをしてしまいます。

    

足場が維持される = 貼り替えが出来る

      

と思い込んでしまったことです。
このお花畑脳のノータリン施主は、
ここから大きな勘違いを披露し、
インテ担当を怒らせてしまうのであります。

       

八郎「ありがとうございます!!そうしたら、サンゲツのHPから」

八郎「気に入ったデザインを選んで送ります!」

インテ担当「いや、それg」

八郎「在庫がある分がわかれば、それから選んでもよいです」

八郎「だから、もしよければz」

インテ担当「八郎さまっ!」

       

普段は物静かなインテ担当が、初めて声を荒げます。
というか、私が荒げさせてしまった格好です。

      

八郎「。。。はい」

インテ担当「すみません、ちょっと落ち着いてください」

八郎「はい。。。すみませんでした」

インテ担当「話には続きがありまして」

インテ担当「足場の解体は止められましたが」

八郎「はい。。。」

インテ担当「クロスを施工する者がおりません」

八郎「」

     

引き渡しは延期になりますっ!

衝撃の事実に、頭をハンマーで殴られた感じです。
足場の解体が防げても、
クロスを施工する人間がいなければ、
万事休す、
と言うか。。。
意味ないジャマイカっ!?

       

八郎「それって。。。どうにかならないんですか?」

インテ担当「なりません。ですが」

インテ担当「次、施工できるタイミングが無理やりねじ込んでも5日後です」

インテ担当「そこから足場解体やら何やらすれば」

インテ担当「引き渡しは『1週間』は伸びます」

八郎「」

インテ担当「しっかりと各方面と調整をしていないので、おおよその期間ですが」

     

それはいけません。
引っ越しは4月18日の午後で確定しています。
引き渡しは延期できません。
これはマズいぞ。。。

     

傍若無人な代替案

もうこうなると必死です。
引き渡しまでの5日の間で、
クロスを張り替えてもらうための、
傍若無人な代替案を提案します。

        

八郎「ハイムさんは、クロスの施工業者は1社だけでは無いですよね」

八郎「他の業者さんに依頼とかできないんですか?」

インテ担当「。。。(ブチッ)」

       

実際には、インテ担当が切れる音は聞こえていません。
しかし、スマートフォンの奥から一瞬の静寂があり、
その時に、明らかに、インテ担当が「キレる」
音がした気がしました。
そして、その次の、インテ担当の言葉で、それは核心に変わります。

      

インテ担当「無理なモノは無理です」

インテ担当「出来ないものは出来ません!」

インテ担当「クロスの貼り替えをご要望の場合は、引き渡しは延期になりますっ!!」

       

そこまでインテ担当に言わしめて、
八郎も目が覚めます。
。。。如何に自分が、不躾極まりない事言っていたのかを。

     

八郎「あ、いや。。。そうですよね、すみません、無茶苦茶な事を言ってしまって」

インテ担当「。。。いえ、お気持ちはわかりますが」

インテ担当「引き渡しまでの5日間での施工は、物理的にどうしても無理があります」

インテ担当「ご容赦ください」

八郎「。。。すみません、無理難題を、遅くまでご対応いただき、ありがとうございました。。。」

       

こうして、アクセントクロスの貼り替えは、叶わず。
我が家には、引渡し前から、後悔ポイントが「まず1つ」出来てしまいました。。。
(次回へ続く)

        

自分で言うのも何ですが、
このブログに出てくる「八郎」は、
結構いい人、だと思います。
いつも嫁から、この人良い人だねーって言われます(笑)

      

でも、リアル八郎は。。。
今回の出来事のような、ゲスい感じです(笑)
いい人にしてしまうのもいかんなー、と思い、
ゲスいエピソードをご紹介しました。
これからも、もう少しゲスい八郎にお付き合いください。

      

さて、色々な出来事が起こりながら、
着実に家も完成に近づいていきます。
そして、いよいよ、大きな伏線を回収する時が来ました。。。

    

このブログは、様々な伏線を各方面に投げまくりながら、
一向に回収せずに家が完成しようとしています(笑)
しかし、この伏線は何が何でも、
回収しないといけません。。。
     

なぜなら、その伏線には、
我が家の大きな「後悔ポイント」が絡んでいます。
皆さまは、どの伏線かおわかりでしょうか???
      

次回「大荒れ!引き渡し前の内覧会」
君は、選び抜くことが出来るか?

八郎を「フォロー」お願いします!!
ブログを更新するとTwitterでブログの更新情報がツイートされます。良かったらフォローをヨロシクお願いします!!
応援クリックお願いします!!
皆さまの「ポチッ」が励みになります!良かったら応援のポチッをお願いします!!にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

セキスイハイム(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です