#299_迷惑な施主に困惑するインテリアコーディネーター

どうも!八郎です!!

引き渡しまで後5日。
ついに我が家の内装がほぼ仕上がり。
クロスが施工され、引き渡しが間近であることをひしひしと感じます。

。。。感じていたんですが!
嫁の宿願のリビングのアクセントクロスを見て、ひっくり返りそうになります。
全然、標準のクロスとの見分けがつきません!

アクセントやないやないかーい!
ルネッサーンスッ!!

#297_アクセントクロスがアクセントになっていない!?

しかも、吹き抜け部分に施工しているアクセントクロスなんですが、
施工業者いわく、足場は明日片付けますとの事。

風雲急を告げる、八郎家のアクセントクロス問題。
果たして引き渡しまでに貼り替えは可能なのか?
急いで、インテ担当に電話します。

それでは、続きをどうぞ!!

     

ものすごく長い「間」

そうとわかれば急いで電話して確認です。
足場を解体した後に、
クロスの貼り替えでまた施工することになれば、
追加料金は必至。。。

     

何としても足場解体の前に、
クロスの貼り替えをねじ込みたい。。。

     

そんな、わがままな施主の勝手な言い分を、
HMの営業や担当はどんな気持ちで聞くのでしょうか?

      

スマホ「トゥルルルルル。。。プツッ」

インテ担当「もしもし、セキスイハイムのインテ担当です」

八郎「こんばんは、八郎です。今お電話大丈夫ですか?」

インテ担当「はい、大丈夫ですよ。どうかされましたか?」

八郎「いや、あの実は、今現場に来てるんですけど。。。」

インテ担当「はい」

八郎「リビングのアクセントクロスを見たんですが」

インテ担当「はい」

八郎「ちょっと気に入らなくて。。。」

インテ担当「えっ?」

八郎「貼り替えてもらうことは出来ますか?」

インテ担当「」

      

恐らく、ほんの一瞬の間だったと思います。
本当に些細な間だったと思いますが。

でも今までの電話では、このような間は存在しませんでした。
八郎にとっては3秒くらいに感じる、「ものすごい長い間」。
そして、この間が何を物語ったのかは。
次のインテ担当の言葉で悟ります。

    

一(いち)オクターヴ下がる声

インテ担当「。。。近くに施工業者はいますか?」

       

その声は、
最初に電話口に出た声より、明らかに低い声です。
恐らく、ほんの僅かの差だったのかもしれませんが。
八郎にとっては、それが、一オクターヴ下がった声のように聞こえます。

     

明らかに存在した間、
そして、
一オクターヴ下がった声、

      

これは。。。
間違いなく、
「面倒くさがられている」
対応です。

そりゃそうでしょう。
引き渡しまで残り5日で、
気に入らないからクロスを貼り替えろ!
と騒ぎ出す、非常識な施主を、
快く思ってくれるような、神対応な営業・担当はほぼいないでしょう。

これは、八郎の勝手な思い込みかもしれません。
インテ担当は、そうは思っていないかもしれません。
自分の被害妄想かもしれません。
だがしかし。。。

それが、
「思い込みではない」
という確信に変わる出来事が、この数日後に起こるのでありますが。
それは、また別のお話です(笑)

     

足場解体を阻止せよ!

それでは、インテ担当の
インテ担当「。。。近くに施工業者はいますか?」
の続きからです(笑)

       

八郎「いえ、今日はもう帰ってしまいましたね」

インテ担当「なるほど、そうしたら施工業者に電話を入れて、スケジュールを確認しますので」

インテ担当「折り返しをお待ちいただきたいんですが。。。」

八郎「はい。。。」

インテ担当「何分、このような時間ですので」

インテ担当「今日の折り返しは難しいかもしれません、ご了承下さい」

八郎「。。。はい」

    

さすがに、ここで

     

八郎『いや、明日足場が崩されるので、何とか今日中に連絡つけて止めて下さい』

    

なんて言おうものなら、
ゲスの施主極み
になりそうなのでやめておきます。

あ?何か聞いたことあるフレーズだと?
うるせえな、こまけーことをいちいち気にするんじゃねーっ!!

おっと、
なんが違う人が出てきましたね、失礼しました。
とりあえず、インテ担当の折り返しを期待しつつ、
八郎もいったん帰宅することにします。

      

そもそも間に合うのか?

帰宅すると、嫁も不安そうな顔をしています。

        

嫁「インテ担当、なんて(言ってた)?」

八郎「業者と連絡がつかなかったから、折り返し待ちなんだけど」

八郎「施工業者は明日、足場を解体らしいから」

八郎「何とか解体を阻止しないと追加料金が。。。ブツブツ」

嫁「でもさあ。。。」

      

ここで、嫁が核心に触れる発言をします。

    

嫁「そもそも、間に合ううんかな?

八郎「」

嫁「引き渡しの4月18日は絶対でしょ」

八郎「そ、そうだね、引っ越し予約してるしね」

嫁「実質あと4日で、やり直し、とか出来るんかな?」

八郎「うーん。。。」

嫁「実は、結構無理なお願いしてないかな?」

        

本当にその通りです。
このお願い、物理的には相当無理があるといえるでしょう。
しかし、こういう時に、勘違いして、

      

頭を下げれば何とかなるのではないか

       

なーんて、勝手に期待しちゃう施主がいるのもまた事実。
え、誰がそんな身勝手なこと期待するのかって?
サンプルは。。。
ここにいます(笑)

     

スマホ「ブーッ ブーッ ブーッ」

      

八郎のスマホのバイブがなります。
着信は。。。インテ担当からです!
(次回へ続く)

        

折り返しをかけてきたインテ担当。
インテ担当の電話は果たして、

奇跡の福音か?

それとも

後悔のお告げか?

     

次回「引き渡し前から後悔ポイントが出来る新居」
(華麗なるネタばれ(笑))
君は、選び抜くことが出来るか?

八郎を「フォロー」お願いします!!
ブログを更新するとTwitterでブログの更新情報がツイートされます。良かったらフォローをヨロシクお願いします!!
応援クリックお願いします!!
皆さまの「ポチッ」が励みになります!良かったら応援のポチッをお願いします!!にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

セキスイハイム(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です