2階旧型エアコン1台で家全体を冷やしてみた

どうも!八郎です!!
以前の記事で

“エアコン1台で酷暑のLDKがどれだけ冷えるか検証してみた”

と言う企画をやりました。
もしご覧になられていない方は、是非ご覧になって戻ってきてください。

その記事を上げた時に、とある方からコメントを頂きましたのでご紹介したいと思います。

    

    

    

お冨

こんにちは(o^_^o)

うちも陸屋根ですが真夏の二階は北海道でも暑いですね(^^;)

八郎さん邸は二階にもエアコンありますか?
吹き抜けが巨大な八郎さん邸なら、夏場の冷房は二階エアコン+シーリングファンで一階まで冷やせる可能性はあると思いますよ~(o^_^o)
あとシーリングファンの回転方向には気をつけてくださいね~効きが悪いとか風が当たって不快とか思ったら逆回転をお試しください。

冷気を二階に上げるのはサーキュレーターを使っても難しいですが、二階から一階に冷気を落とすのはそこまで難しくないかと。

あと冬場は一階エアコン+シーリングファンで全館暖房出来ると思います(o^_^o)
暖気は自然と上がっていきますので、シーリングファンは暖気を一階に留めるために使う感じです。

エアコンは頻繁にオンオフせず、夏は家の壁や家具まで冷やしておくと物から発する輻射熱を抑えることができ、快適に省エネ出来ますよ~温度を下げるのには電気めちゃ使いますが、一度下げた温度を維持するのにはあんまり電気代使いませんから~冬場も同様、物や壁から輻射熱が発生して暖かいです。

よかったらお試しください(o^_^o)

お冨さん、いつもありがとうございます!!
ちなみにお冨さんもセキスイハイマーで。
リノベーションの記事を主に書かれております。

もし良かったら覗いて見て下さいね。
(初めて人さまのブログのリンクを載せた気がするなあ(^^)ゞ)

な、なるほどぉ。。。
そう来たかぁ。。。
そういう発想はありませんでした。

ならばっ!
冷やしてみせよう不如帰(ホトトギス)っ!!
という事で、今回はっ

”残暑厳しい家全体を2階のエアコン1台だけで冷やしてみた”

をやってみたいと思います。
早速、企画開始っ!
レッツラゴー!!

   

今回使用するエアコン

今回は2階のエアコンでは、恐らく1番スペックが良いであろう

日立 白くまくん RAS-S28A

なんですが。。。
何と2011年製品なんですよね。
しかも広さ目安は。。。

「冷房時 10畳」

orz。。。
大丈夫なのか?
でも。。。やるっきゃないっ!!
と言う感じでやってみる事に。

広さを計算すると。。。

〇2階
主寝室  8畳
子供部屋 5畳
子供部屋 5畳

〇1階
LDK    20畳

〇合計 38畳

えぇぇぇ。。。
いやいやいやいや。。。
(ヾノ・∀・`)ムリムリ

って感じなんですが。
とりあえず物は試しです。
やってみる事にしましょう!

    

シーリングファンを「冬仕様」で回転させる

今回は、前回の検証と異なり。
シーリングファンを冬仕様で回転させます。
なぜかというと。。。
シーリングファンを冬仕様で回転させると。。。

上にある空気を下に向かって攪拌させるような空気の流れを作ってくれる!

からです。
そもそも冷たい空気は下に降りるので、2階が冷気で満たされればっ
の話ですが、下に降りてくるものと推測されます。
しかし、エアコンスペックが心許無いので、
シーリングファンにも応援を依頼します。

   

検証条件

〇天候 晴れ時々曇り
〇時間 正午12時より16時(午後4時)まで
〇外気温 33℃(エアコンモニターより)
〇温度計 2階主寝室 2階子供部屋(西向き) 1階LDカウンターの3か所に設置
〇シーリングファンは暖房用の強設定
〇2階主寝室エアコンは、「冷房 24℃設定 風量:自動」にて稼働。

4時間を30分ずつ区切り、温度の推移を確認、2階だけでなく1階まで冷やせるかを検証します。
実は、温度計は他の場所にも設置していたんですが。。。
意味が無かったので非掲載です。
最後にネタバラシします。
今回はLDK以外の扉は全閉めです。
1階LDKのみ冷やせるかを検証。
もし、LDKを充分に冷やせたら、和室をオープンにして、和室も冷やせるか検証する。。。予定でしたが検証の都合上、割愛となります(笑)

    

検証開始っ

12時00分

①2階主寝室 31.2℃ 64%

②2階子供部屋 30.0℃ 60%

③1階LDカウンター 31.7℃ 63%

2階の主寝室のエアコンはフル稼働を始めました。
稼働前の家の消費電力は0.3kwだったんですが。
現状、1.8kw稼働しているので、2階主寝室のエアコンの消費電力は1.5kwになります。

12時30分

①2階主寝室 29.7℃(▲1.5℃) 55%(▲9%)

②2階子供部屋 29.1℃(▲0.9℃) 54%(▲6%)

③1階LDカウンター 31.8℃(+0.1℃) 56%(▲7%)

【途中経過】
2階は順調に冷えています。
湿度も前回の検証ほどではありませんが、じんわり下がっています。
が。。。
1階。。。
全く冷えません。
むしろカウンターの温度計は∔0.1℃です。

13時00分

①2階主寝室 28.9℃(▲2.3℃) 51%(▲13%)

②2階子供部屋 28.6℃(▲1.4℃) 49%(▲11%)

③1階LDカウンター 31.5℃(▲0.2℃) 49%(▲14%)

【途中経過】
2階は各部屋フルオープンですがよく冷えています。
湿度も50%前後まで下がり、サラッとした感じになってきました。
10畳の冷却能力でこの効果はお見事です!
しかし、1階は苦戦が続きます。
湿度は下がっているので空気は循環しているのでしょう。

ここで、1階が冷えないの業を煮やし。。。
2階主寝室のエアコンを、風速を急速 に設定し、経過を見守ります

13時30分

①2階主寝室 28.2℃(▲3.0℃) 51%(▲13%)

②2階子供部屋 28.1℃(▲1.9℃) 49%(▲11%)

③1階LDカウンター 31.4℃(▲0.3℃) 49%(▲14%)

【途中経過】
2階は更に冷えて快適になりました。
屋根は直射日光でガンガン熱せられているのにこの温度の下がり具合。
8年前のスペックのエアコン1台で大健闘です。
しかし、2階の温度を下げるのでいっぱいいっぱいか。
1階はなかなか冷えません。

14時00分【※検証内容1部変更】

①2階主寝室 28.3℃(▲2.9℃) 51%(▲13%)

②2階子供部屋 28.2℃(▲1.8℃) 50%(▲10%)

③1階LDカウンター 31.1℃(▲0.6℃) 50%(▲13%)

【途中経過】
直射日光による屋根の照り付けもピークを迎え。
2階の室温は28℃まで下がってからはほぼ横ばいです。
1階は若干温度差がりましたが、それでも30℃オーバー。
実は、八郎、汗をプルプルかきながらの検証です(笑)

と、言う事で!
昼間に2階1台のエアコンで部屋全体の冷却を行うのは無理と判断!
若干趣旨を変更し

「冷やした部屋全体を、2階のエアコン1台で全館温度キープすることは出来るのか?」

に検証内容を変更し、残りの2時間を検証します。
2階のエアコンはそのままに、1階リビングのエアコンをスイッチON!

設定を「18℃ 強風」にし、急速に30分冷やしてもらいます。
八郎も、フルパワーでこのエアコンを稼働させたことはありません。
1階リビングのエアコンのお手並み拝見と行きましょう!

14時30分

①2階主寝室 27.5℃(▲3.7℃) 50%(▲14%)【チートタイム発動中】

②2階子供部屋 27.7℃(▲2.3℃) 43%(▲17%) 【チートタイム発動中】

③1階LDカウンター 29.4℃(▲2.3℃) 41%(▲22%) 【チートタイム発動中】

【途中経過】
1階のリビングエアコンを30分フルパワーで稼働させると。
何と、一気に温度▲1.7℃ 湿度▲9%も下げてくれました。。。
流石2019年最新モデル。
早速格の違いを見せつけてくれます。
ここで、1階リビングのエアコンのスイッチは切ります。
ここから、第二の検証

「冷やした部屋全体を、2階のエアコン1台で全館温度キープすることは出来るのか?」

開始です!!

15時00分

①2階主寝室 27.4℃(▲3.8℃) 50%(▲14%)

②2階子供部屋 27.5℃(▲2.5℃) 46%(▲14%)

③1階LDカウンター 29.5℃(▲2.2℃) 46%(▲17%)

【途中経過】
1階の温度が0.1℃上昇しますが、体感的には全く差を感じません。
湿度も微妙に上がっていますが、これも体感的には感じません。
全体的に温度がキープできているように感じますが、まだ30分なので何とも。。。
と言うところでしょうか?

15時30分

①2階主寝室 27.4℃(▲3.8℃) 52%(▲12%)

②2階子供部屋 27.5℃(▲2.5℃) 48%(▲12%)

③1階LDカウンター 29.7℃(▲2.0℃) 48%(▲15%)

【途中経過】
2階は順調に下がった温度をキープできています。
1階は、じわりと暑くなってきました。
温度も30℃に近づいてきます。
汗をかくほどではありませんが、少し暑いな、と感じる温度になりつつあります。

16時00分 【最終結果】

①2階主寝室 27.1℃(▲4.1℃) 51%(▲13%)

②2階子供部屋 27.4℃(▲2.6℃) 47%(▲13%)

③1階LDカウンター 29.4℃(▲2.3℃) 49%(▲16%)

【最終結果】
2階の温度も下がっているんですが、1階の温度も同時に下がりました。
これは、2時→2時30分の急激に下げた時の気温と一緒の水準まで下がっています。
多分理由は、外気温が昼間の暑さのピークを過ぎたからだと思います。
この日は日照はバリバリあった日なんですが。
15時からは日も傾きはじめ、幾分残暑にも陰りが出たのか、と思います。
よって、日中のピークの暑さで、

2階のエアコンのみで、1階のリビングの温度をキープできた

と言う検証結果はとても意義深いものになりました。

    

検証結果 2階のエアコン1台で家を冷やすのは無理!でも、温度キープなら出来る!!

と、言う事で2階のエアコンで家全体を冷やすことが出来るのか検証してみました!

結果は。。。

×2階のエアコン1台で、家全体を冷やすのは無理!

○だが、温度のキープなら出来る!!

という検証結果でした。
2011年製品の、10畳タイプでここまで頑張れたので、
性能の良いエアコンなら、ひょっとしたら、1台で全館冷やせるかもしれません。
それに、後半に検証した「家全体の温度キープ」
これが実証できたのは大きかったですね!

この後、我が家では夜になると1階のエアコンを切って、2階のエアコン1台をオンにし。
1階の温度をキープしつつ、2階の主寝室&子供部屋×2を冷やす作戦に。
結果、夜なのでリビングの温度をキープしながら、2階の3部屋を冷やすことに成功。
電気代を節約することが出来ました!
(キッチリは調べていませんが、複数台点けるよりは明らかに節約できていると思います)

セキスイハイムの家の性能なら、うまくやれば!
間取りとエアコンの設置箇所如何では、
エアコン1台で全部屋の温度コントロールが可能になるかも?しれませんね。
その場合は2階の部屋はドアをオープンしないといけなくなりますが。。。

我が家の電気代節約につながる貴重な実験となるだけでなく。
色々な可能性を示せた検証だと思います。

しかし。。。30℃以上のリビングに2時間いるのはなかなか苦痛でした(笑)
汗がプルップルッ…ダイエット効果抜群でしたね(笑)

最後になりましたが、お冨さん!
ブログのネタになるコメントありがとうございましたっ!!

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました!!

     

八郎を「フォロー」お願いします!!
ブログを更新するとTwitterでブログの更新情報がツイートされます。良かったらフォローをヨロシクお願いします!!
応援クリックお願いします!!
皆さまの「ポチッ」が励みになります!良かったら応援のポチッをお願いします!!にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

セキスイハイム(一戸建)ランキング

2 件のコメント

  • ご紹介ありがとうございます(o^_^o)

    暑い中試していただき恐縮です。
    10畳クラスのエアコンで残暑厳しい日中にいきなり全部冷やすのは厳しかったですね(^^;)
    でも1度、1階エアコン併用で家全体を冷やせば、2階エアコンだけでも温度管理は出来そうな感じですね(o^_^o)

    次に2階エアコンを買い替えるときはもう少しだけ能力の高いのにして、季節の最初だけ二台運転で快適な家全体の温度にして、あとは夏場は2階エアコンを24時間ジワジワ運転、冬場は1階エアコンを24時間ジワジワ運転で、八郎さん邸の大きな吹き抜けが室温管理にも活きてくると思うんですよね~
    夏も冬も家の中で温度差が無いのはホント快適ですから、バルコニーやめて吹き抜けにしたの大正解だと思ってます。

    暑い中、ホントお疲れさまでした。
    また冬場のエアコン1台実験もお願いします(o^_^o)

    • >>お冨さん
      コメントありがとうございます!!

      恐らくエアコンの性能と設置場所如何では、1台で全館空調が可能ではないかと感じられる検証でした。
      8年前のエアコンでこれだけやれたんで、製造年の新しい、広い畳数に対応した高効率のエアコンなら行けたと思います。
      冬場も1台実験、頑張りますよー。
      ご期待くださいっ!!
      (今度はダイニングでエスキモーみたいな格好して検証しているかもしれません(笑))

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です