#239_”魅惑の”タチカワラインドレープ登場っ!

どうも!八郎です!!

いよいよ、セキスイハイムとの打ち合わせも最後。
セキスイハイムの本社にお邪魔し、インテリアの最終確認「再び」です(笑)

変更したいインテリアの内容は

    

○カーテンをバーチカルブラインドへ変更 ←今回はココ!

○アクセントクロスをネイビーからグレーへ

    

です。

普通のカーテンから「バーチカルブラインド」に変更したいっ!
とインテ担当にお願いすると。。。
それでは、続きをどうぞ!!

   

ハイムでバーチカルブラインドを施工してもらうと、タチカワラインドレープになる

インテ担当「電話では、カーテンをアクセントクロスを変更したい、とお伺いしましたが」

嫁「はいっ!バーチカルブラインドに変更したいんですっ!」

    

打ち合わせ早々から、珍しく嫁が前のめりに話をしてきます。
この打ち合わせにかける意気込みが感じられます。

    

インテ担当「なるほど、ラインドレープですね」

八郎・嫁「ラインドレープ???ナニソレ」

ラインドレープ???
聞いたことがない八郎家夫婦。
久々のハニワ顔が炸裂です。

     

インテ担当「ハイムでバーチカルブラインドを手配するとですね」

八郎・嫁「(コクコク)」

インテ担当「タチカワ社のラインドレープ、と言う商品になるんですね」

嫁「それって、こんなんですか?」

    

嫁が慌ててインテ担当にスマホに保存している画像を見せます。

     

インテ担当「そうそう、これです。大丈夫ですよ。」

嫁「あー、よかったぁー」

    

嫁も安堵の表情を浮かべます。

    

インテ担当「じゃあ、サンプルを見ながら決めますか?」

嫁「お願いしますっ!」

    

と、言うことで本社のサンプルが充実している場所へ移動します。

     

ラインドレープの基本の種類3つ

サンプルが充実している部屋へ到着。
もう、あの充実しすぎてクタクタになったプラン最終確認から3ヶ月が経過しています。


そして来月には新居の引渡しが決まっています。
月日が経つのは本当に早いものです。。。

     

インテ担当がラインドレープのサンプルを触りながら聞いてきます。

     

インテ担当「気になる種類や心に決めている種類ってありますか?」

嫁「種類???」

八郎「。。。」

    

あれ?
目や表情にみなぎる物を感じていた嫁の勢いが急激にトーンダウンします。
何か。。。具体的に考えているのではなかったのでしょうか?

    

インテ担当「アンサンブルがいい、とかツーウェイがいい、とかありませんか?」

嫁「いや、ヒラヒラしていたらいいですっ!種類は特に考えていませんっ!!」

八郎・インテ担当「」

    

漫画だったら、登場人物が盛大にずっこけたり、メガネがずり落ちたりするシーンです。
あの当初の前のめりの姿勢からは考えられない、清々しいまでのノープラン。
嫁、恐るべしです(笑)

     

インテ担当「わ、わかりました。そうしたら、種類から説明していきましょう!」

嫁「お願いしますっ!」

インテ担当「ラインドレープにも色々種類があります。傾斜窓やボウウインドウのように湾曲した窓にも対応できたり」

インテ担当「電動カーテンなどもございますが。。。」

八郎・嫁「(コクコク)」

インテ担当「基本の種類は『3つ』です」

八郎・嫁「(コクコクコクコクコクコクッ)」

インテ担当「まずは(1)普通の『ラインドレープ』

インテ担当「このヒラヒラしたブラインドのことを『スラット』と言うんですが、スラット1枚のみ」

八郎・嫁「(コクコク)」

インテ担当「次はラインドレープ・ペアの中から(2)『ツーウェイ』

インテ担当「これは①遮光性の高いスラットと②レースカーテンのような光をある程度通すスラット」

インテ担当「2種類のスラットを別々につなげて、普通のカーテンのように、寝るときは①②、昼間は①だけ畳んで②のみ、見たいな使い方をするドレープ」

八郎・嫁「(コクコク)」

インテ担当「最後はラインドレープ・ペアの中から(3)『アンサンブル』

インテ担当「これは1つのカーテンに、遮光性の高いスラットと光を通しやすいスラットを一緒に配置して」

インテ担当「このようなバトンやコードで、スラットの角度を調整し、カーテンを閉めたまま採光を調節できるドレープです」

嫁「」

八郎「。。。なるほど!わかりませんっ!!」

インテ担当「ですよねー(笑)しゃべっても伝わりにくいんで、実際に見てもらいましょうか!」
(次回へ続く)

     

と言うことで、ラインドレープ、初心者講座が暫く続きます。
八郎家のように、
「ラインドレープ?ナニソレ、新しいクレープか何かかな?」
みたいな人は、お読みいただければ、と思います。
見た目スタイリッシュ、
でも結構実用性もあるラインドレープを紹介したいと思います。
当然、デメリットもありますよ~。
その辺をつらつらと紹介したいと思います。
次回「タチカワラインドレープ あなたの家に合いそうのはどれ?」
君は、選び抜くことができるか?

※参考:タチカワバーチカルブラインドデジタルカタログ

八郎を「フォロー」お願いします!!
ブログを更新するとTwitterでブログの更新情報がツイートされます。良かったらフォローをヨロシクお願いします!!
応援クリックお願いします!!
皆さまの「ポチッ」が励みになります!良かったら応援のポチッをお願いします!!にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

セキスイハイム(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です