吹き抜けという永遠のテーマに結論を出してやる!

おう、俺だ。
今日は家づくりの永遠のテーマに俺が結論を出してやる。

今回のテーマは

   

「吹き抜け」

   

だ。
住宅業界の至る所で、
毎分、毎秒、
吹き抜けについての是非が議論されている。

しかし、結論は出ずじまい。
そりゃそうだ。
メリットとデメリットがあまりにはっきりしすぎてて、どっちを取ればいいのか大いに悩むからだ。
そんな永遠のテーマにだな。

自分勝手な切り口と、アクの強い持論を展開して、
結論を出す!すのが今回のこの記事の趣旨だ。

いつものように根拠はない。
責任は取らんぞ。

それでもいいのであれば、
この先を読み進めるがいい。
永遠のテーマに引導を渡してやるっ!

あ、ちなみに今回の結論は一番最後だっ!
結論だけ見たやつは、目次から最後に飛べっ!!

    

メリットとデメリットは紙一重

まずは、当たり前の事を講釈してやる。
物事、良い事ばかりなんて絶対にない!
まずはそれを肝に銘じろっ!!

こんな当たり前の事が、注文住宅を検討し始めると頭から消えてしまうやつが多い。
そりゃそうだ。
ウン千万もする家だ。
そりゃ、施主の思いがすべて詰まるマイホームだ。
完璧であってほしいという気持ちはわかるぞ。

なんてな、ウソだ。
これっぽっちもわからん!

バカヤローッ!
ウン千万かけようと、所詮はその辺の物資の集まりだ。
自然の法則を覆すような物質など使われてるわけがない!

何かにメリットが享受される場合、
何かのデメリットを受け入れる覚悟をする必要がある事を忘れるな!

    

選択する覚悟

例えば、俺の話だ、聞け。

俺は車が好きだ。
例えば、パワー(馬力)のある車は、乗っていてとても楽しい。
ただ、馬力を発生させる分、ガソリンも食う。
要は維持費をかけてでも、自分の楽しさを追求するか。
家族の事を考えて、燃費の良い、大人しい車に乗るか。。。

年収がよろしい方は前者で良いんだろうが。
大半の世のオヤジは後者だろ?
寂しいかな、現実だ。

     

俺は直感で動く。
あまり、物事を深く考えない。
「なるようになるさ」
が座右の銘だし、
「迷わず行けよ、行けばわかるさ」
というアントニオ猪木の言葉は大好きだ。
(※アントニオ猪木「道」より抜粋)

直感で動いて、その時は最速の判断=最善だったという事もあり、窮地を救ったこともある。
しかし、熟考しない直感が仇となって。
大炎上したこともある。

車にしろ、動かなくてはならない時にしろ。
必要なのは「決断」
そして「覚悟」。
良い物ばかり選べるわけがない。
その決断にはその後に降りかかる運命がある。
それを受け入れる「覚悟」が出来ているのか?

吹き抜けの選択には覚悟がいるぞ。

   

吹き抜けを選んではいけない施主

どれだけ決断や覚悟について説いたところで。
そもそも吹き抜けを「選んではいけない」施主がいることを話さないといかん。
これに該当する施主は、吹き抜けを選ぶな!
それは。。。

   

2階を部屋や収納で広く取りたい

      

と思っている施主だ。
吹き抜けは2階のフロアが1部空間になる事を意味する。
つまり、部屋としては使えなくなるということだ。
2階をいっぱいいっぱい、部屋や収納として使いたい施主は。
吹き抜けは諦めろ。
その方が幸せになれるぞ。

   

吹き抜けに住んでいる俺が、ネガティブな噂に難癖をつけてやるっ

珍しく精神論から入った理由は。
「吹き抜けのデメリットを全否定」するための布石だ。
今から俺が、「吹き抜けデメリットあるある」を完全否定する。
その否定の理由を受け入れる覚悟があるなら、吹き抜けを導入しろ!
因みに吹き抜けに住んで実際に感じた事を書くからな。
ウソ否定やエア否定では無いっ!
では行くぞっ!!

2階に音が響くんじゃないの?

。。。お前ら、2階の部屋のドアは開放したまま生活するのか?
確かにっ!
ドアを開け放てばっ。
下のダイニングで何か会話してんなー、と言うのは聞こえる。
テレビはややもすれば、何の番組見てるのかわかる程度に聞こえる。

だがしかし!

ドアを閉めればほとんどわからんぞ。
そりゃ、うちはセキスイハイムだ。
遮音性の好評価はあんまり聞かんが。
それでも平均よりは優れているらしい。
閉めればほとんど気にならん。
まして、音楽でもかけてしまえば、全く気にならん。
俺に言わせれば、気になるのがどうかしているレベルだ。

2階ににおいが充満しそうで。。。

におい?何のにおいだ?
う〇こか?
お前の家は、戸を開け放って用を足すのか?

多分ここで言うにおいは「料理」のにおいの事だろう。

。。。いいじゃないかコノヤローッ!!
母ちゃんの手料理最高じゃないか!
ニンニクだろうがキムチだろうが、毎日じゃないんだろ?
そんな刺激的てエキゾチックな料理のにおいが2階までたちこめる。。。
サイコーじゃないかっ!
The マイホームじゃないかっ!!

いや、焦げた料理のにおいが充満しそうで。。。

。。。お前、料理を焦がすことを想定して家を買うのか?
そんなみみっちいことは考えるな!
もし料理を焦がしたら、笑いに変えろっ!!
やっちゃった、(∀`*ゞ)テヘッ
でいいじゃないか!
焦がした料理の事を考えて、吹き抜けを採用しない?

そんなん寂しいぞっ!!

空調が効きにくくなるんじゃないのか。。。

。。。そんなの当たり前田のクラッカーだコノヤローッ!!
お前、考えても見ろ、空間約2倍だぞっ。
空調が効きにくくなるのは当然だっ。

6畳1間と12畳1間、同じエアコンで空調したらどちらが効きますか?

と言ってることは同じだ。
そこが我慢できんのなら吹き抜けは諦めろっ!
そこはどうにもならんっ!

でもな、夏は大丈夫だ。
俺が住んでそうだったから問題ないっ。
冷たい空気は下に降りる。
だから勝手に下から冷えていく。
問題は冬だな。
温かい空気は上に逃げる。
だからシーリングファンがいるんだな。
空気を撹拌して、上に溜まっている温かい空気を下へ押しやり、回転させ気流を作るんだな。

セキスイハイムの快適エアリー。
これは1階の床から通風するから、冬も安心だなっ。
勝手にサーキュレーション効果が生まれそうだ。
ハイムで吹き抜けを選ぼうとしているやつは、エアリーつけとけば間違いなさそうだぞ。
俺は付けなかったけどなっ!
は?何でつけなかったのかって?
バカヤローッ!!ブログを最初から読みやがれっ!!
きっと納得の理由が書いてあるぞ。

    

吹き抜けの最大のメリット

さ、ここからは吹き抜けのメリットを語るぞ。
上の写真は、俺のブログ執筆場のLDカウンターから吹き抜け方面を見渡した写真だ。

この日はあいにくの雨だが、とても明るいっ!
この家に来てからは昼間は照明要らずだっ!!
リビングダイニングがチョー明るくて嬉しくなるぞっ!

そしてこの開放感。
サイコーだっ!
毎日ニヤニヤするぞっ!

空調がどうとか、そんなデメリット全く気にならない。
2階が狭くなる?上等だっ!
吹き抜けサイコーだっ。
家族のみんな口を揃えてそう言うぞ。

吹き抜けにしたことで、リビング内のオープン階段も自然な感じでついている。
空調のためにくるくる回っているシーリングファンも、ちょっと嬉しくなる。

いやあ、
吹き抜けはサイコーだっ!
いいぞっ!!

    

悩んでるなら吹き抜けつけろ!攻めた家を作れっ!!

今回は結論は最後に持ってきた。
非常にデリケートな案件だからな。
ストーリー建てて結論まで持ってきたぞ。

吹き抜けはデメリットがある。
上に書いた以外にも。
吹き抜けの維持にはメンテ代がかかる(足場を組まないといけない)等の記述もある。

しかしっ!
思った以上のメリットがあるのも事実だっ。

吹き抜けで迷っている奴!!

×2階を広い間取りを取りたい
×空調が気になって仕方がない

と言う部分で譲れない場合は諦めろっ。
しかしっ。
そうじゃなければっ。

〇明るさたっぷり
〇開放感たっぷり

の吹き抜けを導入してみろっ。
お前が建てる家がもっと好きになる事間違いなしだっ!

最後に、毎回の話だが。
発言に根拠はないっ!俺の経験と思いだけだっ!
いいか?
責任はとらんからなっ!選択は自己責任だっ!!

長くなったけど、今日はこれぐらいで勘弁してやる。

お前ら!
あばよっ!!
いい家作れよっ!!!

    

御託はいいから俺をフォローしとけっ!!
俺のTwitterをフォローしろ!なんでだと?俺のフォロワーが増えるからにきまってんだろ!!ああ、それとな、俺のクソみたいなブログの更新通知が来るぞ!
あと読み終わったら下の2つをクリックしろ!!
ひとつじゃだめだ!ふたつしろ!!絶対にだ!!!メリットぉ?そんなもんねーよ!俺が喜ぶだけだ!!にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

セキスイハイム(一戸建)ランキング

4 件のコメント

  • こんばんは、そらきちです

    吹き抜け問題は家を建てる中で大きい問題ですよね
    わかります

    うちはデシオをハナっから決めていたので、必ず要らない空間ができると思い吹き抜けを当初より採用していました

    みなさんが音漏れや臭いが気になるのでは、と思いますが、意外と問題はそこではありません

    一階と三階の吹き抜けの大きな問題は、実はないのです

    小さなやんちゃなお子さんがいるなら、三階で吹き抜けから身を乗り出し転落しないか、を気にします
    ウチは三階吹き抜け部に一部、有料な檻用の柵をつけましたので、落ちることはありません

    次に臭いですが、
    これはエアリーの換気ダクトを全館フロアに付けているため臭いはこもりません
    焼肉や焼き魚をしても翌朝にはアルプスのような自然な香りがします

    音ですが、これも気になりません
    なぜならハイムは防音に近い数値を出しているからです

    メリットを三つお話しすると、
    1、吹き抜けを伝って暖気が三階に、全館に行き届き建物内が暖まる
    2、白のクラスなら膨張色効果でとても奥行きと広さが感じられる
    3、私の意見ですが、吹き抜け線上にある、窓がいくつかあり、下から三階の窓を見ながら月が綺麗に見える(笑)

    です

    吹き抜けは作ってよかったとしかいえません

    • >>そらきち

      その通りだ!
      ハイムで吹き抜けを作れば大きな問題にはならんだろう。
      遮音性と快適エアリーがあれば、吹き抜けの大きな問題である音とにおいは解消される。

      後は、家を建てた時の家族構成などは考慮しないといかんかもしれんな。
      当然、ガキが落ちないような対策は必要だろうし、そこが気になるなら諦めないといけないだろう。

      記事で書けていなかったフォロー的なコメント深謝だ。

  • こんにちは。
    もしかして、吹き抜けがない家にシーリングファンは不要ですか?
    階段はリビングにあるのですが八郎邸のようなかっこいいスケルトンではありません。
    今のところ快適エアリーは1.2階ともつけるつもりなんですが。。。
    外してもらった方がいいのかな?

    • >>船越さん
      コメントありがとうございます!!

      快適エアリーの所有者ではないので、エラソーな事は書けませんが(笑)
      快適エアリーは床から送風することで、サーキュレーション効果を生み出すようなことが公式HPに書いてあったように感じます。
      ただ、冬場の暖房はどうしても温かい空気が上に溜まりがちなので、シーリングファンがあれば、より効果的な空調が期待できるかもしれません。

      個人的に。。。
      シーリングファンをつけるメリット→→→「所有者の満足感を高めてくれる」だと思っています(笑)
      やっぱりかっちょええので、自分で見上げてついついニヤニヤ(・∀・)してしまいますね。
      人が遊びに着たら必ず突っ込んでもらえるので、結構嬉しいです(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です