注文住宅で和室を作らないか迷っているやつちょっと来い

おう、俺だ。
どうやら俺の主戦場は週末らしい。
でもこの調子で書いてたら、間違いなくネタが切れるぞ。
だからアイツには言っておいた。

   

「動画を作れ」と。

   

10人もチャンネル登録している奴らにワリイだろう、と。
どうせその登録者の半分は身内だろうけどな!
だから、週に1本くらいは動画作れ。
需要は俺の記事よりなさそうだけどな!!

御託はこれくらいにして本題だ。
今回のお題は、

   

「和室」

   

だ。
つけるか、つけまいか。
もう決めてるやつは読まなくていいぞ。
自分の直感を信じろ。
色々調べるのも大事だけどな。
注文住宅を決めるのに、直感も悪くないぞ。
例によって根拠は無いからな。
真に受けるなよ。

この記事は悩んでる和室をどうしようか悩んでいるやつ対象だ。
俺がお前の背中を押してやる。
刮目して読め!

    

悩んでるなら和室は付けとけ!

出典:セキスイハイム東海

恒例の結論だ。
悩んでるなら付けろ!
以上っ!!結論だけ見たいやつはここで解散しろ。
後は例のグダグダ文章だ。

ここから先は暇なやつ専用だ。
和室が必要な理由を男らしく、グダグダ書いてやる。
ついて来いっ!

   

和室の利用価値 4選

じゃあ俺の家の和室の利用方法を語るぞ。
異論は認めん。黙って聞け。

客間(宿泊させれるぞ)

「クソ当たり前の事を書きやがって。。。」
悩んでいるくせにそう思うなら迷わずつけろ。
客間としての威力は絶大だ。
特に宿泊ともなると、ここに寝かせておけば万事うまく行く。
肉親、義理の親、酔いちくれた上司、何でも放り込めるぞ。
スライディングウオールでも付けとけば、プライバシーも結構確保できる。
逆に和室を削ろうとしている奴は、客が来た時の対応をしっかり考えておけ。
特に突然来るパターンに要注意だ。
2階の1室をあてがおうとしているヤツ。
2階は想像以上にプライベート感が出がちだ。
急な来客には気をつけろよ。

簡易物置

「私の家はいつも片付いています」

という素晴らしいやつはもうここから先は読まなくてよい。
そんな出来た人間は、このクソブログから得る物は何もないぞ。

例えば、それこそ急な来客で家が取っ散らかっていた場合は、全部和室に押し込めて、戸を閉めて何食わぬ顔をしておけ。
2-3時間の来客なら軽くしのげるぞ。
部屋としての使い方ではない事はよくわかっている。
でも、それをわかったうえで書いている。
それくらい、いざと言う時にスペースをそれ程気にせず放り込める空間程、心強いものは無い。
簡易物置としては最強だ。
ただ、毎回簡易物置になったり、常時物置になっているようなら、その考え方は改めた方が良いぞ。

ちょっと買ってきたものを広げる

・簡易の家具を買ったけど組み立てたい
・新しい電化製品を買ったけど開封したい

そんな、ちょっと買ったものをスペース気にせず広げたい時に和室は便利だ。
リビングやダイニングでは狭い事が多いけど、4畳半ほどのスペースがある和室は丁度いいぞ。
我が家の「開封の儀」は常に和室だ。

筋トレスペース

自分の部屋が整っている人には関係ないかもしれないが。
和室は筋トレに持って来いだぞ。
腹筋・背筋・腕立て・スクワット、何でも来いだ。
絶妙の空間だぞ。
あ、ちなみに言っておくが。
俺は和室で筋トレしたことは1度もないぞ。
将来やる予定だ!文句あるか!?

   

くだらないかもしれないが、あると便利。。。それが和室だ!

くだらない事をうだうだ書いたが。
そのくだらない事を受け入れてくれる「包容力」が和室にはある。
意外に和室は馬鹿に出来んぞ。

【第7話】「物件A」を巡る攻防

2018年12月24日

宣伝だっ!
昔、家を買おうと建売を内覧した時に。
和室の無い新古物件を売りつけられそうになった話だ。
読んどけ!損はないっ!!

俺は田舎に住んでいるという自負があるが。
やはり田舎は和室が無いと建売は売れないらしい。
勿論、要らないものは付ける必要はない。
ただ、やはりまだ田舎には人を招く風習、と言うか習わし、というか、習慣
めいたものがまだ色濃く残ってるんだろうな。
そういう時にも、やはり和室はあると便利だぞ。

   

俺が和室を付けた真の理由

すまんな。
今までの記事は茶番だ。
これまでのグダグダ書いた記事は、和室を付けた理由の10%程度だ。
今から90%を書く。
よく聞け。
特に若いやつ。イメージ湧かないだろうが、参考に聞いておけ。

俺が和室を付けた理由。

それはズバリ「老後のため」だ!!

多分、年齢が来れば家の階段を登れなく未来が来るような気がする。
そうすれば、俺は和室に住むぞ。
嫁にも明言した。
すまんけど、俺は多分和室に住むことになる、とな。

多分、若いやつらはイメージがわかないと思う。
いいんだ、わかなくて、それが普通だ。
俺もそうだったしな。
40過ぎて、親の介護をし。
今まで殴られ蹴飛ばされながら育ててきた父親が、
弱りゆく姿をみるにつれ、色々考えることもあるもんだ。

何となく、自分を父親に重ねたんだろうな。
今はこうして偉そうな口調で喋る事が出来ても。
それはいつまで続くかは、誰も知らん。

いつ俺の足腰が弱るかなんて。
そんなの神しか知らんだろ。

そんなタイミングで家を建てちまったんだもんだから。
こんな発想になっちまった。

なんかちょっと辛気臭くなったな。
すまんな。
でも、この家は「終の棲家」だ。
そういう考えて建てても悪くはないだろう。
当然、そんな先の事まで考えて家を建てる必要はない。
もっと楽しい事を考えて建てるべきだ。

たまたま俺はそういう境遇の中で家を建てたからそうなった。

それだけの話だ。

   

個人的に和室を「こうしたかった」2選

出典:セキスイハイム中部

俺の家は予算ギリギリだ!
本当はいろいろやりたいことがあったが、予算の絡みで沢山の事を断念した。
今から書くのは、和室をこうしたい!と思ったけど断念したことだ。
金があるならやってみろ!
捗る和室が出来上がるぞ!!

琉球畳

クソかっこいいぞ!
やれるやつはやっとけ!
ドヤれるぞ!!
色も色々選べるからな。
家の雰囲気に合わせて選べるからな!
でも、金もかかるぞ!気をつけろ!!

琉球畳

2019年3月8日

八郎家のエピソードだ、読んどけ!

掘りごたつ

間違いなく和室のランクが3つくらい上がるぞ。
冬は和室に溜まる事が増えるかもしれん。
それに、足を崩して下にぶらーんと出来るのは、来客にとってもありがたいもんだ。
和室をこう出来る金があると、和室の価値はグッと上がるだろうな。

   

和室のここに注意!2点

出典:セキスイハイム

客間にするなら仕切れるようにしろ

最近は、リビングとの一体感を重視するために、仕切りを取っ払う和室も多いらしい。
でもそれでは、人を泊めることは出来ん。
泊めなくてよいならそれもよし。
でも、泊める事を視野に入れるなら、仕切りを入れておけ!

小上りはアクセントになるが実用的ではない

和室を目立たせるために、小上りを採用している家も増えているらしい。
確かに、和室が目立つ。
でも、ただそれだけだ!
さっきの老後の話じゃないが、バリアフリーを俺は勧めるぞ。
また、ルンバもこれだけ段差があると掃除しないぞ。
まあ、小上りの和室だけは自分で掃除するなり、後でルンバをかければ良いんだろうけどな。
俺には、目立つ以外のメリットが感じられん。
小上りはよく考えろ!

   

以上っ!俺の和室に対する思いだ!!

どうだ!俺の和室に対する思いだ!
迷ってるなら付けとけ!きっと後で良かったと思う時が来る!!
お前、日本人だろ?
あ、もし日本人じゃなくても。
ここは日本だろ?

悪い事は言わん。
和室は付けとけ。
迷ってるなら付けとけ!
毎度のことだが、責任は取らんっ!
あくまで自己責任だ!いいなっ!!

長くなったけど、今日はこれぐらいで勘弁してやる。

お前ら!
あばよっ!!
いい家作れよっ!!!

    

御託はいいから俺をフォローしとけっ!!
俺のTwitterをフォローしろ!なんでだと?俺のフォロワーが増えるからにきまってんだろ!!ああ、それとな、俺のクソみたいなブログの更新通知が来るぞ!
あと読み終わったら下の2つをクリックしろ!!
ひとつじゃだめだ!ふたつしろ!!絶対にだ!!!メリットぉ?そんなもんねーよ!俺が喜ぶだけだ!!にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

セキスイハイム(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です