【第193話】姉の注文住宅の足場を弟が組むかもしれない

どうも!八郎です!!
嫁が義弟のKさんと電話で世間話中。
Kさんは足場組立業者なんですが、
最近、足場を組みに△△△(八郎が建てようとしている分譲地の名前)まで来たこともあるとの事。
そんなニアミスもあったんですが、今度はニアミスではなく、運命の巡りあわせ?
姉の注文住宅の足場を弟が組む、というドラマティックな展開はあるのか?
それでは、続きをどうぞ!!

   

安心できるハウスメーカーはあるのか?

八郎「(そしたらさ、Kさんから見て安心できるハウスメーカーってあるのか聞いてみて)」

嫁「Kから見てさ、このハウスメーカーは安心!っとかってある」

   

これは結構聞きたい情報ですよね?
施工業者はハウスメーカーをどのように見ているのでしょうか?

    

K「うーん、どこって言われても困るけど。。。」

嫁・八郎「(ゴクリ)」

K「。。。うちが契約でやっているハウスメーカーは何処も安心なんじゃないの?」

嫁「ええー、なんか、『ここがイイ!』とかないの?」

K「だって、いわゆる大手はさ、もし施工業者が何らかやらかしても、絶対保証するし、やり直しさせるでしょ?」

嫁「え?そうなの?」

K「俺も詳しくはわからないけど、厳しいチェックは入るし、問題があればやり直してください!って言われるみたいよ、まあ俺は今は足場組立やってるけど」

八郎・嫁「(コクコク)」

K「違う事業部は、太陽光の設置とかやるから、屋根に登ったりするけど」

八郎・嫁「(コクコク)」

K「ハウスメーカー通した依頼は、すんごい厳しくチェック入るから、太陽光の依頼は、ハウスメーカー通した方が高いけど、安心はできるよ」

嫁「ふーん、そうなんだね」

八郎「(セキスイファミエスに期待、と言うところか)」

(※セキスイハイムのアフターサービス部門。新居引き渡し後の点検などはこの会社が請け負ってくれる)

K「施主手配すると、下手な業者に当たると色々なトラブルを聞くけど、大手HM通しておけば隣人トラブルなども、ある程度仲に入ってくれるから頼もしいって聞くよ」

(↑※あくまで一個人の意見で保証するものではありませんのでご注意ください)

嫁「そうかあ、高いから、安心、という事か、うーん」

   

姉ちゃんはどこで建てたの?

K「でさあ、姉ちゃんは結局どこで建てたの?」

    

至極最もな質問が飛んできます。
そろそろ教えてもいいんじゃないでしょうか?

    

嫁「さあ、どこでしょう?当ててみてよー」

    

。。。なんか俺より悪ノリしています(笑)
まあ任せて様子を見る事にしましょう。

   

K「ええー、だいたいどこで土地買ったの?」

嫁「それがさー、△△△(八郎が建てようとしている分譲地の名前)なんよ」

K「うそおおおおぉぉぉぉぉ!え、じゃあもう足場建てたとか?」

嫁「いや、それはないない」

K「うわー、確かあそこでうちが担当しているのはDとセキスイハイムだから、ひえー、姉ちゃん金持ちやねー」

嫁「だからー、家はお金が無くても建つんだってば」

八郎「」

K「いやー、でもDは殆ど埋まってたような気がするから。。。そしたらセキスイハイム?」

嫁「ピンポーン!正解!」

K「あれ…確か△△△(八郎が建てようとしている分譲地の名前)は近々足場を組む予定が入っていたような」

    

姉の注文住宅の足場を弟が組むかもしれない

嫁と八郎で顔を見合わせます。
ま・さ・か!
弟のKさんが、我が家の足場を組むことがあったりするのでしょうか!?

”俺おとうと、あっねの注文住宅の足場を組むかもしれない”

なーんてスレッドが立ちそうなくらい、ドラマチックな(?)話です。
ひょんなことから、我が家の注文住宅に、嫁姉弟のコラボレーションが見られるかもしれません!?

     

嫁「ちなみにうちはね、上棟が2月24日だよ」

K「そうしたら、前日ないし前々日に足場組むから。。。ちょっと待ってよ」

   

そう言って、Kさんはスマホを保留に切り替えます。
スケジュールを見に行ってくれているのかもしれません。

    

八郎「うおおぉぉ、これってKさんがうちの足場組んでくれるのか?」

嫁「うわー、それは見に行かなきゃ!」

八郎「ぜってー差し入れ持っていこうね!」

    

その日が休みかどうかもわからないのに、もうKさんが組む前提で盛り上がっています。
我が家の計画に突如Kさんが参戦か!?
俄然盛り上がりを見せる八郎家です。

  

結果発表!

K「姉ちゃんお待たせー」

   

保留を切ってKさんが電話口に戻ってきました。

    

嫁「どうだった!?」

K「今開いているんだけど。。。」

八郎・嫁「(ゴクリ)」

   

緊張の瞬間です。

    

K「うーん。。。あー、俺はその近辺は違う現場だわ」

嫁「えーそうなのー」

K「でも、うちの会社がやるよ。〇〇と××が行くよ」

    

おお、Kさんの会社がやってくれるのは間違いないみたいです。

    

嫁「じゃあ、Kと現場替わるように言って!交代しろって姉がうるさいんですって」

八郎「(無茶苦茶言うとるなー(笑))」

K「その付近は、ビルの現場で数日入らなきゃいけないから無理やなー、残念」

嫁「あー、まじかー、残念だー」

    

という事で、姉弟コラボはなりませんでした、残念っ!

    

八郎「もしもし、Kさんご無沙汰してますー」

K「おおー八郎くんお久しぶりー、えーなに、家買ったんだってー?」

八郎「いやー、そうなんですよー、カクカクシカジカ…」

K「へー、すごいねー、ウンタカンタラ…」
(次回へ続く)

     

という事で、残念ながら姉弟コラボレーションはなりませんでした、残念っ!
この後、△△△(八郎が建てようとしている分譲地の名前)の話やA・B・C・D社の話もしっかり聞きました(笑)
かなりきわどい話もあったので、ネタがなくなりそうになった未来にアップ出来たらしたいと思います(多分無理だな)

    
さて、沢山の回り道をしましたが、いよいよ、あのイベントが間近に迫ってきました。
時間軸を少し戻して、このお話から繋げていきたいと思います。
次回「衝撃的!!セキスイハイムの家の建て方」
君は、選び抜くことができるか。

     

八郎を「フォロー」お願いします!!
ブログを更新するとTwitterでブログの更新情報がツイートされます。良かったらフォローをヨロシクお願いします!!
応援クリックお願いします!!
皆さまの「ポチッ」が励みになります!良かったら応援のポチッをお願いします!!にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

セキスイハイム(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です