【日記のあらすじ】 55~64話編

55話から58話まで【プラン打ち合わせ編①-検討の度に嵩むオプション額-】

ハウスメーカーをセキスイハイムに絞り、本格的なプランの打ち合わせに入る。
嫁のたっての希望のオープン階段の検討に。
デメリット:・空調の利きにくさ(シーリングファンを導入したほうが空気が拡販され、空調の利きが良くなる) ・においや音が2階に伝わりやすい ・若干お金がかかる(空間が広がるのでエアコンの性能UP&シーリングファン) 
メリット:・明るく開放的なリビング ・リビング内を通らないと2階に行けないので子供の帰宅・外出を把握できる 
等のメリット・デメリットを提示されるが、嫁のたっての希望という事で、オープン階段は採用となる。

またプラン提示の中に勝手口が無い事に気が付く。
勝手口は洗濯を楽にする導線を確保するために必要。
これは是非とも設置しないといけない設備だが、ハイム営業から
「約20万かかります」
という見積もりに思わずのけぞってしまう。

また、断熱性の低下、防犯上のリスクなど勝手口のデメリットも説明を受け、導入に躊躇してしまう。
しかし、折角家を建てるにあたり、「家事の負担を減らす」ための投資はなるべく惜しまない方向で考えよう、
という方向性を確認していたので、20万の上積みを覚悟の上で勝手口の導入に踏み切る。

こうして、何かを検討するたびに金額が積みがっていくことに怖さを感じるが、これから長きにわたり「家事について」我慢するのは避けたいので、出費を覚悟することに。

    

59話から62話まで【プラン打ち合わせ編②-深まるプラン打ち合わせ-】

セキスイハイムで工場見学をすることで値引きを引き出せる、というハイム営業の提案で工場見学に行くことに。
工場でユニットを組み立てる事で
・機械による精密な作業
・安全に配慮されている
・一定の環境下の中で集中して製造できる(外だと、猛暑極寒、雨天時等も作業をしなくてはならない時があり、室内より精度が下がる可能性が高い)
等のメリットの説明を受け、セキスイハイムへの安心感が深まる。
また、快適エアリーのフィルターを通したにおいの実演などで、快適エアリーの実力を目の当たりにし、快適エアリーを設置したい欲求も深まる事に。

また、プランの打ち合わせと並行して、住宅ローンの事前審査を行う事に。
ここで審査に落ちると、マイホームの夢は潰えてしまうので非常に大事な所。
20年前に、キャッシングで返済が滞ったことがあったのを思い出して、信用情報が傷ついていないかが不安で、自分でネット系銀行で事前審査を通してみる事に。
不安に苛まれるも無事審査に合格し、マイホームの夢が潰える危険は回避できた。
ただ、八郎は高血圧の既往症をもっており、本審査には不安を残す状況に。

また、ここまでのプランの見直しによる料金をハイム営業に確認してもらうと。
たった1回の打ち合わせで金額が28万も積み上がり、暗澹たる気持ちに。
しかし、家事の時短のためには投資止む無しの気持ちを再確認。
そのままGOサインを出す。

また、洗濯の負担を減らすために、雨天時は洗濯機の横の浴室で干せるよう、浴室乾燥機を購入を検討する。
金額は9万かかるが、それでも重たい洗濯物を2階に運ぶ労力を回避するためにはその投資も必要と判断。
浴室乾燥機も設置を決断する。

    

63話から64話まで【プラン打ち合わせ編③-土地の売買契約を締結-】

セキスイハイムでのマイホーム建設の気持ちを固め、土地の売買契約を結ぶことに。
途中、契約直前で、家を建てようと言い始めた言い出しっぺの八郎がビビりあがる。
しかし、嫁の巧みな説得で八郎も気持ちを固め、土地売買の契約に臨む。

時間が折り合わず、夜の10時過ぎから契約に関する説明を受け始めが、この重要説明が非常に長い。
説明が終わるのに1時間以上を費やし。
さらにここから、署名・捺印を繰り返し。。。
気が付けば、全ての書類をサインし終えたのは日付が変わった12時過ぎ。
非常に長い契約だったが、今でも良い思い出になっている。

    

ここまでのまとめ

セキスイハイムに決めた八郎家が、これからプランをどんどん決めていく様をレポートしていきます。
今となってはよくわかるんですが。

セキスイハイムの八郎が立てた商品

“bjベーシック”

はいわゆる規格住宅でした。
規格住宅で安く建てれる反面、装備は必要最低限。
いっぱしの装備を積み上げていくと、バンバンお金も積み上がっていくことを八郎はこの時まだわかっていません。
そういう事情が分かったのは、最終確認が終わり、ブログを書き始め、色々調べ始めてからのことでした。
やっぱり「知らない」って怖いなー、とつくづく感じた瞬間でした。

しかし、あらすじにあるように、家事に関する部分は結構投資したつもりですが。
他の部分にはあまり投資をしませんでした。
いろいろお金かけちゃうと、支払いが地獄になりそうだったので。。。
しかし、こうしてお金をかけるところを明確にして、それ以外の所はお金をあまりかけないようにした、と言う決め事は良かったと思います。

お金をつっこむところは突っ込む、それ以外は我慢する。。。
明確な決め事でその後の決定を迫られるときに迷いがあまりありませんでした。

でも、迷いがありませんでした、とか言いながら、快適エアリーや太陽光パネルは結構悩んでましたよね。。。
やっぱりセキスイハイムの大きな売りでしたからね。

それでは、これからもあらすじも、そしてこれまでのあらすじもどうぞよろしくお願い致します。

    

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました!!

ここまでのあらすじのまとめ

    

いつもお立ち寄り頂きありがとうございます。

フォロー頂くとTwitterでブログの更新情報が受け取れちゃいます。ヨロシクお願いします。

応援クリック宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング

※またブログが読みたくなったら

「セキスイハイム 八郎」

で検索してみてください!!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です