【第165話】インテリアシミュレーター 準備OK!!

どうも!八郎です!!
新居のインテリアを物色中。
ダイニングテーブル、ソファー、テレビボード、センターテーブルと決まり、いよいよ最後のラグ選びに。
店員さんから、ラグの種類を教えてもらい、いよいよ嫁が結論を出します。
そして、店員が勧めてきた、インテリアシミュレーターの準備が進みつつあるようです。
八郎家のインテリアは、バーチャルの世界ではどう映るのか?
それでは、続きをどうぞ!!

   

嫁が出したラグの結論は

嫁「店員さんの話も聞いて尚思ったんだけど」

八郎「うん」

嫁「まずは清潔第一かなーって思うのね」

八郎「うん(掃除が大変なやつはやめた方がいいよな、確かに。。。)」

嫁「それに、建具やフローリングが白とダークブラウンで大人しいから、ちょっとラグは賑やかなのにしようかな、ってね」

八郎「なるほど、いいかもね!」

嫁「だから短いラグにするね、良いかな?」

八郎「もちろんOKだよ!で、何か気に入ったデザインはあった?」

嫁「うん、あったよー」

八郎「おお、早いねー。どれどれ?」

嫁「うん、こっちこっち♪」

   

そう言って嫁は我々を案内します。
。。。しかし、何だかカーペットのコーナーから遠ざかります。
また別の場所にもカーペットが販売されているのでしょうか?
それとも、ワゴンセールか何かの格安カーペットを事前に見つけていたのでしょうか?
だとすれば、流石嫁。
ちゃんと財布の事も考えてくれているんだなー。。。

なんて妄想にふけっていたら、着いた場所は。。。
あの最初のトータルコーディネートコーナーです。
非常に嫌な予感しかしません。

    

嫁「これがいいな♪テヘ」

八郎「」

店員「(苦笑)」

    

。。。結局、八郎家はテレビボード&センターテーブル&ラグをコーディネートのままマネキン買いすることになりました。。。

   

ラグの広さをどうするか?

店員「ありがとうございます(笑)ラグの広さはいかがいたしましょうか?」

八郎「えっ、広さが選べるんですが」

店員「はい、基本的に、ラグはソファーの幅プラス20%くらいの広さがバランスが良いとされています」

八郎「ほうほう」

店員「一般的には、今展示で出している140×200が良く出ますね」

嫁「サイズを大きくするとどんな感じになりますか?」

店員「はい、例えば200×200のサイズにすると、センターテーブルを囲んで4人でゆっくりラグの上に座れます」

八郎「ふむふむ」

店員「そして、ラグの上にソファーの前足を落として、ラグがずれる事を防ぎながら、フローリングの保護にも使えますね」

嫁「そうしたら、200×200にします!」

八郎「(値段も見ずに良く決められるな)すみません、おいくら万円しますかね?」

店員「はい。。。200×200だと。。。〇万円ですね」

八郎「」

   

うう、値段を見ずに買うなんて、怖くて怖くて我が家には100年早いと痛感した八郎家でした。。。
※センターテーブルとラグの位置関係を表しているサイトを見つけました。
イメージがわかない人はこちらをご覧ください。

   

Aer you ready?

店員「そろそろインテリアシミュレーターの準備が出来ているんじゃないでしょうか?ちょっと聞いてみますね」

   

店員はそう言ってまたもやおもむろに電話を始めます。

    

店員「店員です、準備はどうですか?…はい…はい…はい…わかりました、じゃあお客さまをお連れしますね」

八郎「(おっ、どうやら準備が整ったみたいだね)ボソボソ」

嫁「(うわー、楽しみぃー)ゴニョゴニョ」

店員「お待たせしました。オペレーターに確認を取ったらほぼ完了しているとのことでした」

八郎・嫁「(コクコク&キラキラ←目が輝いている様子)」

店員「商品も候補が決まった事ですし、実際シミュレーターで雰囲気をご覧になりませんか?」

八郎「是非!お願いします!!」

    

何たる僥倖でしょうか!
まさか、まだ基礎すら出来上がっていない家の中のイメージをパソコン上ではありますが、ひと足早く雰囲気を確認することが出来るのです。
朝から4店舗も家具量販店をはしごした甲斐があったかもしれません。
これは今後のインテリアの選択に大きなヒントをもらえそうですよ。

   

店員「こちらへどうぞ」

店員に誘導され、店舗中央奥の薄暗い一角へ誘導されます。
そこには、若い女性オペレーターと、液晶のモニター、そしてテーブルをはさんで椅子が6脚設置されていました。
ここの量販店と対面に座りながらモニターを確認しながら、話が出来るようにセッティングされています。
(次回へ続く)

     

嫁のラグの選択は八郎も賛成です。
シャギーの様な柔らかい肌触りも捨て難いんですが。
手入れを最優先にしたのは正解だと個人的には思いました。
また嫁が選んだデザインも、結局はマネキン買いにはなりましたが非常にかっちょええラグでした。
お値段聞いたときは冷や汗が出ましたが(笑)
さて、次回はいよいよひと足早く、PCの液晶画面で我が家とご対面!?
次回「インテリアシミュレーターで見る我が家はぶっちゃけどうなの?」
君は、選び抜くことができるか。

    

いつもお立ち寄り頂きありがとうございます。

フォローするとTwitterでブログの更新情報が受け取れます。

応援クリック宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング

※またブログが読みたくなったら

「セキスイハイム 八郎」

で検索してみてください!!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です