【第159話】我が家のテレビボードの条件

どうも!八郎です!!
リビングのソファーの設置具合は、3Dシミュレーションを見て判断。
便利な世の中になったことを感じつつ、そこで比較検討するという事は、購入しなければならない雰囲気になる事を危惧する八郎。
ダイニングテーブルとソファーは候補が絞れ、お次は…テレビボード。
そう言えば、テレビボードは嫁から宿題が出されていましたね。
その宿題をクリアすることは出来るのか?
そして、またしてもテレビボードの選定は難航?
それでは、続きをどうぞ!!

    

TVボードには宿題が

実は、TVボードは第147話でも書いたんですが宿題を嫁から課せられています。
簡単に箇条書きにすると、

・タイプは「ローボード」で
・TVゲームやDVDレコーダーなど全て、TVボードの中に収めて見えにくいようにする
・配線は正面からはいっさい見えないようにする
・色はダークブラウン

という条件が付いていました。
これを満たすTVボードを探さないといけません。

   

タイプは「ローボード」

これは、上の画像の様なテレビボードの上は、TV以外基本何もない状態を目指します。
不必要な物が多い八郎家には、収納にいささかの不安を抱えます。
が!そこはとにかく引っ越し時に捨てまくり、何とか収めようという、我が家にありがちな「曖昧な」努力目標で合意(笑)
上の収納がある豪華なタイプは、

・なんとなく「圧迫感があるのではないか」
・アクセントクロスを引き立たせたい

という理由で導入を見送る事に。
珍しく、嫁と意見が一致したテレビボード選定です(笑)

    

ゲーム機やDVDレコーダー等を見えないようにする

こういうタイプは我が家の希望にはそぐわない、という事になります。
基本「隠す収納派」の嫁は、なるべく物がどこにあるのかを見せたくない。
見た目すっきり派です。
八郎がどちらかと言うと、使うものは手の届く範囲に…という嫁とは真逆のポリシーの持ち主で。
意見が良く対立するのは、そもそも目指している場所が違うからでしょう(笑)
今回は嫁の思いをかなえてあげたい所ですが。。。
しかし、八郎家には

・TVゲーム据え置き機2台(PS3 WiiU)
・DVDレコーダー
・J:COM TVチューナー(現在は無いけど新居では設置予定)

というハード関係がぼちぼちあります。
この4台をどうするか、というところが結構頭を悩ませます。
ゲーム機は月1回稼働するかどうかの低稼働なので、思い切って違う場所に直す事も考えました。
が、


・違う場所に直すにしても収納場所を取る(仕舞った場所から引っ張り出すのも億劫)
・ゲームをするたびに配線を組むのも億劫


と言うデメリットもあるので、なるべくTVボードの中に見えないようにしつつ配線組んだまま収納することを目指します。
という事で、ハード機の寸法は事前に計測済みです。

   

配線は正面から一切見えないようにする

まあ、これは当然ですよね。
何も知らない人は、これは見えなくて当たり前、と思っていらっしゃるでしょう。
でもですね…
まあ、八郎がこだわりを捨てれば良いんでしょうが。
全てをリンクさせるように配線を組むと、結構大変なんです。
まず、DVDレコーダーとゲーム機2台はそれぞれHDMI端子が必要なのでこの時点で既に3つ。
また、我が家で活躍しているAmazonの「Fire TV」
アプリが入っているので、「YouTube」や「DAZN」が手軽に見られるのと、
ディスプレイミラーリングが入っているので、スマホをコードレスでTVに接続して、スマホで撮った動画を即上映会するのに大変重宝しています。
これも、HDMI端子を1つ使います。
このようにHDMI端子は最低でも4つ必要なんですが。
TVのHDMI端子が2つしかないため、HDMIセレクターを購入する必要もあります。
とかなんとかわちゃわちゃやっていると、配線が結構エグい事になるんですよね(笑)
その辺も想定してTVボードを選ぶ必要がありそうです。

    

色はダークブラウン

…このブログを最初からお読みの方はご存知かと思いますが。
この、嫁の徹底的な焦がしぶりには頭が下がります。
建具はダークブラウン1本。
これは、企業で言えば「重要通達」「最優先徹底事項」「特命」に当たる最重要事項です(笑)

   

数あるTVボードを探すも…

以上の条件を満たすTVボード探しの旅が始まります。
まず、ハード機器が見えない、という条件でふるいにかけます。
…まあ、これが思いのほか少なくて(笑)
基本、ハード機器は熱を持つので、オープンにして通気性を良くした方が良いのですが。
嫁はそんなことお構いなし(笑)
見えなくすることを厳命しています。
これをふるいにかけると…かなり絞られます。
意外に、見えないようにするローボードは少ないです。
そこから、

・ダークブランがあるかどうか
・ハード4台を収納できる横幅があるか

といる第二・第三のふるいにかけると…
なんとほぼ残らない!
もうね、2個しか残らないんですわ(笑)

   

八郎「ねえねえ嫁ちゃん…」

嫁「!!見つかった!?」

   

嫁はセンターターブルとラグを物色中で別行動。
八郎の進捗状況を報告しに嫁の元へ状況報告へ。

   

八郎「あるにはあったんだけど…」
(次回へ続く)

    

テレビボードを我が家の条件に当てはめて探し始めると、50台以上の候補から2台しか残りません。
その2台も実は…と言う感じ。
何とも難航を極めそうなテレビボードですが。
見逃していたポイントを確認すると、「会心の一撃」が!
そのテレビボードとはいったいどんなものなのか。
次回「TVボードに秘策あり!」
君は、選び抜くことができるか。

    

いつもお立ち寄り頂きありがとうございます。

フォローするとTwitterでブログの更新情報が受け取れます。

応援クリック宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング

※またブログが読みたくなったら

「セキスイハイム 八郎」

で検索してみてください!!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です