快適エアリーのメンテナンスはどうなの? セキスイハイム快適エアリーvs市販品手配 -機能編-

どうも!八郎です!!

…いきなりここの記事に飛んでこられた方。
前の記事は読まれましたか?

もしお読みでなければ、こちらの記事を読まれてからこの記事を読まれると面白さが倍増します!
宜しくお願い致します(笑)

さて、ちゃっかりちゃりの助をしたところで、快適エアリーvs市販品対決第二弾!!
今回は「機能編」です。
前回の「価格編」では26-40万の差額になってしまった快適エアリー。
機能の差で、この高額の差額を埋められるのか!?
快適エラリーならでは!のセールスポイントもご紹介します。
早速見ていきましょう!チェケラッチョ!!

    

電気代対決!

なんぼ快適エアリーが高機能で省エネ、という触れ込みであっても、24時間点けっぱなしは流石に電気代がかかります。
もちろん、おでかけ運転やピークカット運転等、ずーっと全開で運転しているわけではありません。
手動で、1階と2階の運転状況を変更することも出来ます。
しかし、しっかりオンオフで管理できるエアコンの方に電気代セーブは分があるでしょう。
また、八郎家で真夏日の昼間に1Fリビングエアコンをフルパワーで稼働したら何度下がるか実験しました。

結果は30分で2.5度下がりました。
吹き抜けを有しているにも関わらず、です。
なので、エアコンでもずーっと点けっぱなしでなくとも、室温はコントロールできそうです。
冬の極寒の日にフルパワーで暖房炊いたらどうなるかは、また冬にUPしようよ思います。

現在の途中経過
快適エアリー0勝 対 市販品1勝

  

見た目対決!

快適エアリーは「ガラリ」という風向口が付きます。

1階は床から、2階は壁からです。
1階の窓際の床にガラリがつく光景が受け入れられなくて、快適エアリーを選ばないお客さんがいる事をハイム営業に教えてもらいました。
しかし、それ以外は床にも壁にも何も付きません。シンプルそのものです。
※快適エアリー2階は横壁上部に通風口が付きます。
代わって市販品。
床にこそ何も付きませんが、壁にエアコン、空気清浄機は少なからず邪魔です。
しかし、シーリングファンはすみません、自画自賛ですが言います。

かっちょええです!!

ただ、見た目のすっきりさでは、やはり快適エアリーに分がありそうです。
エアコンの台数分、リモコンが存在するのも邪魔ですよね…
※最近のエアコンはスマホで操作できるようになっています。IoTもどんどん進化していますね。

現在の途中経過
快適エアリー1勝 対 市販品1勝

   

空気の清浄度合い、きれいさ対決!

これは完全に快適エアリーに分があります。
快適エアリーはまず、家に空気を取り込む時点でフィルターにかけて不純物をろ過します。
この不純物をろ過したきれいな空気を、空調で温め/冷やして全部屋に配給します。
窓さえ開けなければ、常にきれいな空気の中で過ごすことが出来ます。
これは快適エアリーの圧勝ですね。
市販品の空気清浄機では、空気の清浄にも限界があるし、場所場所でムラもありそうです。

現在の途中経過
快適エアリー2勝 対 市販品1勝

    

掃除の手間対決!

快適エアリーは、2週間に1階のフィルター掃除が推奨されています。
家の広さにも寄りますが片手から両手で足りるくらいのか所のガラリを2週間に1階掃除するのはちょっと大変そうにも感じます。
とにかく空気中のほこりを良く吸い込んでいるみたいです。特に1階がそうなんですが、床下にガラリがついていることに起因します。

このブログの読者さまが「太陽の光が当たってもほこりの筋をほとんど見えない」とコメントに書かれてありました。
それだけ空気清浄機としては優秀な反面、お手入れも大変、と言ったところでしょうか。

一方の市販品手配の場合。
エアコンはシーズンに2回(冷房と暖房を使う前←え?違う?)。
空気清浄機は月に1回程度です。
問題はシーリングファンの掃除。。。
これは、超高い脚立を買わないと掃除は不可能でしょう。
対策としては、毎日ファンを回して、ほこりが溜まるスピードを遅らせるしかないでしょう。
放置すれば、間違いなくファンの上にはほこりが積もります。。。

どっちもデメリットがありますが、何となくお手入れサインのランプが点灯してしまう快適エアリーの方が分が悪いですね。
しかし、シーリングファンの掃除も難易度が高い。
キッチリ掃除出来ないと夜も眠れない人は気になるかもしれませんね。

現在の途中経過
快適エアリー2勝 対 市販品2勝

    

快適エアリーにしかない超絶メリット2点!!

その1 ガラリによる「サーキュレーション効果」

セキスイハイムHPより

快適エアリーを設置した場合、1階は床上にガラリ設置されることは既報の通りです。
床と言う、居住空間の一番下から空調された風を送り込むことで、部屋全体にサーキュレーション効果を生み出します。
特に、暖かい空気が下から出てくるのはとても大きいですね。
暖かい空気は上に登りやすいので、下から吹き出すと下から暖まる良い効果を生み出しそうです。
これはエアコンにはない大きなメリットです。

    

その2 床下空調が生み出す「ほんのり暖かい床」

セキスイハイムHPより

快適エアリーは床下にユニットを設置します。
冬は、この床下から暖かい空気を生み出すおかげで、床も暖められます。
「床暖房」ではないです。
ないですが、ほのかに暖かいです。
裸足でも大丈夫です。ヒヤッとしません。
(家に裸足でいるかどうかは別として(笑))
これは、セキスイハイムのSPSで家を建てたA君に確かめさせてもらいました。

A君のエピソードはこちらからどうぞ。

これもエアコンにはない、超強大なメリットだと思います。
冬は本当に快適です。
流石、あったかハイムの名は伊達じゃない。
阿部寛がにっこりなのも納得です!(笑)

    

最終結果 快適エアリーの4勝2敗で快適エアリーの勝ち!!

途中までは接戦でしたが、最後、快適エアリーの特徴が炸裂し、一気に突き放しました。
流石、セキスイハイムの看板商品。
「快適」の名前は伊達じゃありませんでしたね。

快適エアリーを設置するか否かは、本当に皆さま次第だと思います。
お金の問題、ガラリの問題、メンテの問題、いかに快適な家にするか…
家に対する思いはそれぞれです。
もちろん、安くて快適ならそれに越したことはありません。
しかし、快適なものは高いんです(笑)
そこが、あれこれ悩むのが家づくりの楽しい所だと八郎は思います。

皆さんのお悩みに関して、今回と前回の記事がお役に立てれば幸いです。

以上、セキスハイムで家を建てた同僚二人から

「は?何で快適エアリーやめたの?馬鹿なの?死ぬの?」

とぼろっかす言われた八郎がお送りしました。

え?もしもう1回セキスハイムで家を建てるなら快適エアリーつけるかって?
んー、どうでしょうか。
やっぱり付けてみたいですね。。。

お金があれば!!(笑)

   

今回は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

  

いつもお立ち寄り頂きありがとうございます。

フォローするとTwitterでブログの更新情報が受け取れます。

応援クリック宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング

※またブログが読みたくなったら

「セキスイハイム 八郎」

で検索してみてください!!
 

2 件のコメント

  • いつも楽しく読ませて頂いています。
    快適エアリーガラリの清掃について若干誤りがありますので、実際のところをお伝えしたいと思いコメントしました。

    全てのガラリを常に掃除しなければいけない訳ではありません。ガラリには種類があります。

    ①換気用ガラリ吸い込み
    第1種換気の吸い込み口です

    ②快適エアリー吸い込み
    空調の吸い込み口です

    ③快適エアリー吹き出し
    空調の吹出し口です

    ④快適エアリー床下吹き出し
    床下の空気を室内に取り込む口です

    フィルターの汚れが酷いのが
    ①です。部屋中の埃を吸っています。
    ②は薄っすら埃が溜まる程度です。

    ③④はほぼ溜まりません。
    吹出し口ですから。

    我が家のガラリ数は
    ① 2個
    ② 4個
    ③ 6個
    ④ 7個

    つまり掃除が必要なのは6個です。
    1箇所に2個付いてますので3箇所です。

    清掃に関して言えば
    壁掛けエアコンのフィルター清掃 + 部屋中の埃掃除 と 快適エアリーのガラリフィルター清掃で、比較した方が良いと感じます。
    1Fは本当に埃が溜まりません。

    実際に使っている感想です。

    • >>隣のハイムさん
      コメントありがとうございます!!

      丁寧なご指摘ありがとうございますm(__)m
      八郎の思い込み&リサーチ不足でスミマセン。
      記事も修正させていただきます。

      こうして「ほこりが溜まりません」的なコメントを見ると快適エアリーうらやましす、って思いますね。
      つけなかった事に後悔はない、と思いたいんですが。。。
      こうして後ろ髪をひかれる思いもまた事実です。
      何せよ、快適エアリーの判断はものすごく悩みました。。。

      これからもよろしくお願いします!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です