セキスイハイムの快適エアリーのデメリット、故障や評判、気になる価格と性能に迫る

快適エアリー 実力

どうも!八郎です!!

今回は、セキスイハイムの快適エアリーについてお話しします。

f:id:hachiroublog:20190126171308j:plain
セキスイハイムHPより

セキスイハイムの3大装備と言っても過言ではない「①太陽光発電」「②磁器タイル外壁」「③快適エアリー
今回はその快適エアリーのメリットとデメリットに迫ります。

価格はいくらくらいなのか?
果たして、快適エアリーの実力や如何に?

また2019年より、快適エアリーにサービスを付加したサービスが始まりました。そちらも付加して案内したいと思います。

(※今回の画像は全てセキスイハイムHPより引っ張っています)

    

    

▼メリット

・1Fのみと全館(1F2F両方)を選べる

1Fのみと1F2F両方選べます。
1Fは床から、2Fは壁上から空調の空気が出入します。
当然、費用のかかり方は違います。費用については後述します。

    

・床がほのかに暖かくなる?

f:id:hachiroublog:20190126171540j:plain
セキスイハイムHPより

床暖房ではありませんので、ぽかぽかすることはないんですが、それでも床下に空調機器を設置するので、床下フローリングが微妙にぬくくなります。
冬場のフローリングは冷たくて非常に辛い思いをするんですが、快適エアリーを導入すると、この「ひやっ」とする感覚から脱出できます。

    

・花粉やPM2.5を99%除去してくれる

f:id:hachiroublog:20190126171610j:plain
セキスイハイムHPより

部屋の冷暖房だけでなく、外から空気を取り入れるときに、フィルタを複数枚かけて空気をろ過していきます。
その中で、花粉やPM2.5といった物質を99%以上取り除いてくれます。

f:id:hachiroublog:20190126171628j:plain
セキスイハイムHPより

アレルギーがある人にはありがたい仕組みです。

と、ここまではメリットをお伝えしました。
続いては、デメリットです。

    

▼デメリット

・「ガラリ」と言われる通風口

f:id:hachiroublog:20190126171920j:plain
全国のセキスイハイム 展示場ブログより

快適エアリーを導入すると、1Fには写真のような「ガラリ」が床に着くというか、開くというか、そういう状態になります。

この床から生えているというか、妙に主張してくるビジュアル。
これを施主がどのようにどう感じるか、で採用か非採用かが結構分かれるみたいです。
八郎個人としては、全く問題ありません。むしろ冬なんかは、下から温風が出てきてくれるのでありがたいくらいです。
ただ、見た目の問題や、場所を変えられないところから、部屋の模様替えに影響が出る、と言う人もいます。
(ただ場所はほぼ窓際などの家具を設置しないであろう場所が殆どなので問題はないかと思いますが)

床に通風口、と言う従来のにはないビジュアルを受け入れる事が出来るか、がひとつの別れ目になりそうです。

    

・フィルターの掃除が2週間に1回

f:id:hachiroublog:20190126172105j:plain
全国のセキスイハイム 展示場ブログより

やはり床に通風口かが設置されているからでしょうか?
ほこりが超溜まるようで、メーカーは2週間に1回の清掃を勧めています。
このガラリ、トータルでは10数個配置されることとなり、これを2週1回掃除するのは結構骨が折れそうです。

f:id:hachiroublog:20190126172142j:plain
セキスイハイムHPより

エアコンもフィルター掃除は大なり小なり必要ですが、エアコンは年2回程度。
やはりエアコンに比べると、掃除の頻度は高くなりそうです。

   

・設置費用が高い 1Fのみ80~100万1F2F全館で120~150万

f:id:hachiroublog:20190220000300j:plain

快適エアリーの最大の弱点は「費用」です。
八郎家、建坪32坪4LDKでの、快適エアリーの設置費用。
1Fのみ 80万 1F2F込みで120万の見積もりでした。

恐らく家の広さで若干話が変わってくるでしょう。

 

もし、全室にエアコンを完備した場合、

1Fと2Fを完備しようとすると、LDK30万、和室と2F3室の計4室7万×4=28万。設置費4万×5台=20万 計78万。
差額が快適エアリー120万-エアコン5台設置78万=42万

となります。

 1Fの快適エアリーと、LDKエアコンの設置費用の差額は

1F快適エアリー80万-エアコン代30万-設置費4万=46万

となります。
もし前住んでいた家からエアコンを持ち込めば、更に快適エアリー台との差額は開きます。
この資金面だけで考えれば、快適エアリーは大きなハンデを背負っていると言えるでしょう。

    

※ZEHを目指すなら、快適エアリーはあり

f:id:hachiroublog:20190220000927j:plain

ZEHを目指すなら快適エアリーはありです。
簡単に言うと、空調システムも電気代がかからない物を必要とします。
もし、普通のエアコンで対応しようとすると、6畳1間のエアコンでも20万位します。
こうなると、快適エアリーのほうが安くつくと思われます。

     

▼ドクターズ・エアーモデルとは? 

f:id:hachiroublog:20190220001519j:plain

前回の公式HPのリニューアルで、快適エアリーに「ドクターズ・エアー」モデルが追加されました。このモデルについて追ってみたいと思います。

     

・介護や災害時まで見据えた「10」の健康サポートメニュー搭載

f:id:hachiroublog:20190220001453j:plain

 簡単に言えばこのモデルを名指しして、快適エアリー(木造系では「空気工房」と名前が変わります)を購入すると、上記の10項目の提案をしますよ。という事です。1部は「セレクトメニュー」と書いてある通り、標準ではなく追い金して追加するかの判断を迫られると思います。

     

・家族形態ごとの「健康留意点」に配慮したプランの提案

■ニューファミリー

f:id:hachiroublog:20190220002040j:plain

■子供が自立した後のシニア夫婦

f:id:hachiroublog:20190220002208j:plain

家族構成に合わせた、快適エアリーを効率よく使えるプランを提案します。という事ですね。

正直、ただでさえ費用が高くて及び腰になる快適エアリーに、更に大したこと無い付加価値をつけて更に価格が高くなってしまう感じです。

普通に考えても、通常通り快適エアリーをつけるかつけないかを悩んだ方が全然良いと思います。 

このモデルはそう遠くない将来無くなってそうな気がする。。。

     

まとめ 筆者が出した結論は…

このブログを最初から読まれている方はうすうす気づいているかと思いますが、八郎家は…

快適エアリーの採用を見送りました。。。

最大の理由は「費用が高すぎる」です。

f:id:hachiroublog:20190126172741j:plain

前述の40万の差を埋めれるだけのメリットを見出すことは出来ませんでした。
八郎家には花粉症が2人おり、八郎も花粉症です。
正直、最後の最後まで、ギリギリまでハイム営業には結論を待ってもらいました。
最終確認で値引き交渉も不発に終わり、断腸の思いで快適エアリーを諦めました。

と、言うことで今回は快適エアリーにスポットを当ててみました。
八郎の周囲にはセキスイハイムで家を建てた人が二人いるんですが、
二人とも快適エアリー保持者でした。
二人からも
「は?快適エアリーつけていないんですか?なんでですか?どうしてですか?死ぬんですか?」
と散々聞かれました(泣)
設置された方は、概ね満足している装備です。
お金に余裕のある人は、是非検討してみて下さい!!

そして…

セキスイハイムさん、もう少し安くしてください(´;ω;`)ウッ…

今回は以上です。
ご覧頂き、ありがとうございました!!

いつもお立ち寄り頂きありがとうございます。

フォローするとTwitterでブログの更新情報が受け取れます。

応援クリック宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング

※またブログが読みたくなったら

「セキスイハイム 八郎」

で検索してみてください!!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です