【第132話】セキスイハイムの外構は謎だらけ?

セキスイハイム 外構 謎

どうも!八郎です!!

いよいよ最終確認により、プランが仮確定。
後は、振り込みをして、セキスハイムが入金を確認すれば、家の資材の発注にGO!が出ます。
さて、間取りは確定しましたが、実は外構の打ち合わせが1回も、1ミリも進んでいません。
という事で、この後初の外構打ち合わせが入るんですが、まずは外構のお話に入る前に。。。
八郎家の外構に対する思いと、
打ち合わせ前から感じていた「外構に関する『思い』と『謎』」をお伝えしてから、本編に進みたいと思います。
1話だけお付き合いください。
それでは続きをどうぞ!!

植物には癒されるけど

外構 植物

注文住宅と言えば、自由なカスタマイズ性がウリですよね。
当然、間取りや内装も施主の思いを込める事が出来ますが、外構ももちろん思いを込める事が出来ます。
前出のA君のように広いお庭にしたり。

※第85話参照

庭で内外(うちそと)キャンプしたり、思いっきりガーデニングしたり、と夢は膨らむと思います。
八郎も、庭づくりに気合が入っているおうちを見ると、すげーなー、って感心します。
小並感全開でスミマセン。

…しかし、我が家は植物には興味があるし、グリーンがあれば生活に潤いが生まれるのは何となくわかるんですが。。。
八郎家はものぐさ太郎の集まりなんですよね(笑)
世話もさることながら、雑草問題などに手を焼くことが必至です。
前の賃貸アパートも、蚊の額ほどの庭が存在していましたが、雑草処理に四苦八苦していました(呆)

そんな我々が、植物を愛でる精神があるとはとても思えず(笑)

八郎・嫁「庭は狭くて良いよねー」

と言うのが共通認識でした。
ま、それ以前にせっまい土地なんで、広い庭になる事なんて絶対に無いんですが(笑)

現実的な考え

マイホーム 現実

もうひとつ、外構に関して漠然とした思いがありました。
それは「庭」は狭くて良いんだけど、正面はそれなりな見栄えにしたい、と言う思いです。
…でも、植物は枯らすから植物は少なめで(笑)
後、切なる願いは車の駐車場です。
八郎家は3台所有&長女が家に来れば4台になります。
4台が不自由なく並べて止められるスペースが欲しいです。
また、引っ越し時は身近なものはミニバンに積んで運ぶシーンも予想されます。
リアゲートが余裕で開けられるように、なるべく車が止まる前の方にスペースに余裕を持たせたく思っています。
必然、南側の庭は狭くなるので、我々の「 玄関側は広く取りたい= 庭は狭くて良い」と言う願いがどんぴしゃハマります。

外構には、そんな思いが漠然とありました。

最初から一貫して記載されている外構費

見積もり

さて、ここからは謎の話を掘り下げます。

実は、最初の見積もりから、外構費は一貫して「180万」が見積もられていました。
しかも、わざわざ「210万△30万」→「180万」と書かれてあるんです。
この最初から頼んでもないのに値引が記載されている意味は何なんでしょうか?
それに、土地は2パターンで見積もりを取りましたが、どちらもこの記載なんです。
これって、外構はどの土地でも標準「180万」何でしょうか?
非常に謎です。

そしてさらに謎が深まるのは

「金額は記載されているのに、外構の話は最終確認の直前の打ち合わせまで、1秒も1mmも出なかった」

ことです。
厳密に言えば、タイル外壁のカラーパースには微妙に載っていました。
しかし、これはあくまで仮案で当てているだけだと思っていました。

セキスイハイムの外構は「高い!」という評判

金額 高い 驚く

そして、最後は「セキスイハイムの外構は高い!」という評判です。
施主さまのブログを拝見していると、そう書かれている方が多いのにびっくりしました。
中には、「地元の業者に頼んだら70%の金額でしてもらった」なんて記事もありました。

180万の70%って、54万削減できますよね。
それってめちゃめちゃデカい金額じゃないですか!?
しかし、我々情弱素人八郎家には、その金額が妥当かどうかがわかりません。
この辺も聞いてみようと思うのですが。。。結論から言うと、この部分は選択の余地がありませんでした。

そんな感じで、

〇外構に対しては漠然とした思いはあったものの、しっかりとした構想はまるでなかった

〇セキスイハイムの180万の見積もりの根拠がよくわからない

と言う思いを抱えながら、
最終確認の後、資金担当の火災保険の話も聞き、
消耗してヘトヘトになっている状態の中で、
初の外構打ち合わせが行われていようとしているのでありました。
(次回へ続く)

という事で、外構に対する漠然とした思いと、
見積もりが提案もなく一貫して180万と記載されている部分への不信感を並べてみました。
八郎も嫁も、内装や外壁やオプションには、かなりの時間を費やして考えあぐねていましたが、
外構に関してはほぼ思いを馳せる事もなく、いきなり打ち合わせを迎える事になりました。
それもこれも、全て快適エアリーをどうするか?を引き延ばしたツケなんだと思います。
快適エアリーを決めきれず、最後の最後まで結論を先送りしたことは、後々色々な部分に悪影響を及ぼすことになります。
さて、次回からいよいよ外構打ち合わせが始まります。
次回「資金計画に外構工事費用が勝手に見積もられている理由」
君は、選び抜くことができるか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

2 件のコメント

  • こんにちは☆いよいよ外構に取り掛かられるんですね☆四つ葉家も移住する前は庭の憧れ感がハンパなかったのですが…ものぐさ一家なので住み始めてからは手入れはほとんどしておらず除草剤で雑草は殲滅してますΣ( ̄ロ ̄|||)笑

    唯一、植樹したシマトネリコが放置してても元気なので桜とか植えなくて良かったと安堵していますꉂꉂ(ˊᗜˋ)

    外構費ですが我が家の時の外構費はもとから120万で設定されてましたね。ローンに組み込めるしセキスイで依頼しない場合は3ヶ月後ぐらいに返してくれるのでなるべくなら多めに取っておくに越したことはないかと☆200万辺りを予算で見積もっているなら気にしなくても良いかと思われます。手持ちになくても3ヶ月我慢して、お金を振り込んでもらってから外構に取りかかるという手もありだと思います☆

    後は現地の下請けの外構施工会社の力量ですね。四つ葉家の場合は見積もりも外構案も酷すぎたので別の会社に依頼することにしました☆セキスイだと250万ほどかかりそうな外構を別の会社にて200万ぐらいでやってもらったような感じですね☆

    • >>四つ葉さん
      コメントありがとうございます!!

      漠然とした思いだけでほぼノープランで外構打ち合わせしました(笑)
      結論、最初に提案頂いたカラーパースからほぼノーチェンジですね。
      それくらい外構には頭が回っていなかった、というのが正直なところです。

      我が家もものぐさ太郎一家で、だれも庭の水やりをしていませんでした。
      「常緑」のはずのヤマホウシは落葉が激しく、移設した芝は枯れ放題で、外構担当に
      『もう少し水をあげてやってください(半ギレ)』
      と言われ、今慌てて水やりをしています。
      やはり我が家はグリーンを愛でる気持ちは薄いようです。。。

      外構費、ハイム経由で委託するとなかなか高い事言うので、自力で砂利や人工芝は敷きました。
      その辺も後日UPしようと思います。

  • 八郎 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です