【第128話】駆け引き出来なかった…値引き交渉の結果

富士山 夕焼け

どうも!八郎です!!

セキスイハイムとのプランの最終確認午後の部。
快適エアリーの有無と、太陽光パネルの増設についての結論を、ランチ作戦会議で導き出した八郎家。
その結論をハイム営業に伝えます。
しかし、ここで最後の値引きを引き出すべく、駆け引きに出る八郎。
ハイム営業は応じてくれるのか?
それでは続きをどうぞ!!

   

駆け引きに出る、とは言ったものの

悩むビジネスマン

値引きを引き出すべく、駆け引きに出た八郎。
快適エアリーの値引きは非常に厳しそうなので、太陽光パネル1kw増設分の値引きが引き出せないか試みます。
もし、首尾よく、快適エアリーの値引きを引き出せれば、快適エアリーに乗り換えることも嫁からは了承を得ています。
昔から「二兎を追う者は…」という諺もありますが、果たして。。。

   

ハイム営業「結論をお聞かせ下さい」

八郎「はい…」

   

とりあえず、返事をしますが、腕組みをして、下を見詰めます。

   

ハイム営業「…どうされました?」

   

顔は笑っていますが、目が笑っていません
流石にこの時ばかりは、ハイム営業から不快感が見て取れました。

   

八郎「うーん…」

嫁「え?快適エアリーはやめて、太陽光乗せるって言ってたやん。違うの?」

八郎「うーん…そうなんだけど」

嫁「えぇ…」

ハイム営業「…」

   

ここまでは台本通り。
いよいよここからが、自分の腕の見せ所です。
ですが!
エラソーに嫁には大丈夫、と言っておきながら実はそこから先の展開を考えていない八郎。
普段から駆け引きらしい駆け引きが出来ていれば、今ここでこうして毎日ブログをUPしていることも無かったでしょう。
腕組みして、下を見詰めて、考えるふりをするつもりがガチで考えるシーンに(笑)

   

ハイム営業「…八郎さま、流石にここがリミットです。もう、これ以上伸ばされると、着工が遅れることになります」

八郎「…ですよね…」

   

ハイム営業も流石に痺れを切らしたのか、結論を促す発言が出てきました。
今日はこの後も、火災保険の話や外構の打ち合わせが控えています。
ここに時間を割くわけには行きません。

   

渾身のど真ん中ストレート

野球 グローブとボール

八郎「両方は選べません。どちらかを設置しようと考えています」

   

とりあえず、どちらかを選ぼうとしているんだけど、決め手に欠けるんだよねー、と言う事をアピールしてみます。

   

ハイム営業「。。。」

   

動かざること、山の如し。
ハイム営業は黙ってこちらを凝視しています。
先ほどまで、目だけ笑っていませんでしたが、今現在、顔も笑っていません。
雲行きも怪しくなってきました。
体感温度が5度ほど下がった感じがします。。。

   

八郎「本当につけたいのは快適エアリーです。でも我々には高くてつけられません」

嫁「(呆)」

   

結局、駆け引き、と言いながら、毎回ストレートしか投げられないバカ一直線の八郎。
嫁は、ファミレスでの珍しい夫のかっちょよい発言に、どれだけスマートな値引き交渉が行われるのかを期待していたのでしょう。
しかし、そこにはいつもと変わらない、直球しか投げられない夫の姿に呆気にとられたに違いありません。
自分の持ち球のバリエーションに乏しい事を痛感した八郎には、残された術は直球の威力とコントロールの精度をあげるしかありません。

   

八郎「でも、少しでも値引きししていただけたら、設置します!!」

   

駆け引きをしなかった結果

森の中 扉

値引きの交渉を、情に訴え、相手の目をまっすぐに見て伝える。
結局、この手法でしか人を説得する方法を持ち得ない八郎。
今回も、今までと同じ方法でハイム営業に値引きを持ちかけます。

八郎「最後の値引きのお願いです。。。たぶん。。。お願いします!!

   

「たぶん」だけは嫁にも聞こえるか聞こえないかの小声で呟き、後は大きな声でお願いしてみます。
…八郎の風貌といい、この部分だけ見てるとまるで恫喝しているかのようです。

   

ハイム営業「快適エアリーは、以前も申し上げた通りこれ以上の値引きはできません」

八郎「」

ハイム「ですが」

嫁「!」

八郎「!!」

ハイム営業「太陽光なら、出来ます」

八郎「!!!本当ですか?」

ハイム営業「。。。最終確認の時に『お願いします!!』なんて大声で値引きをお願いされたことはあまり記憶にありませんね(苦笑)」

   

苦笑しながらハイム営業が答えてくれます。
あの動かざること山の如し、的な険しい空気はなくなっています。
どうやらこちらの願いが通じたようです。

   

ハイム営業「太陽光パネルなら、10万引けます。これで手を打ってもらえますか?」

八郎「ありがとうございます!!」
(次回へ続く)

と、言うことで結局情に訴えた値引き交渉をした結果、太陽光パネルで増設の1kwのみ10万の値引きを勝ち取ることが出来ました。

結果最後の1kwは30万の追い銭での搭載が可能となりました。
この、セキスハイムが提示している、「太陽光パネル1kw40万」の価格は妥当なのかどうなのか、は後日、別記事で検証したいと思います。
まあ、普通にその辺の太陽光を取り扱ったサイトで簡易見積もりを取ると、メーカーにもよりますが、だいたい1kw30万前後で見積もりが来ます。
このあたりの価格差がどうなのか、を見ていきたいと思います。
さて、いよいよプランが決定しました。
決定後のプランについては後日紹介。
まずは、話の進行を進めます。
次回「セキスイハイムの火災保険「オーナーズ保険」はどうなのか?」
君は、選び抜くことができるか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です