【第127話】最後の駆け引き

トランプ 駆け引き

どうも!八郎です!!

最終確認のランチで、最後の選択を決めた八郎家。
快適エアリーは見送る代わりに、太陽光パネルを1kw増設します。
いよいよ、この決定を伝え、我が家のプランがほぼ確定します。
でも、ただ伝えるだけじゃ能がないですよね?
八郎、最初で最後の駆け引きに出ます。
それでは続きをどうぞ!!

   

決断の時

会議室

ランチ作戦会議を終え、セキスイハイム本社に戻った八郎。
午前中の打ち合わせの場に戻ると、まだ誰も戻っていません。
とりあえず、先に腰掛けます。

いよいよ、今までの総決算。
最後に下した決断を伝える時が近づいています。
午前中に比べて、ハイムチームとの机の距離が伸びたように感じます。
実際に伸びることはありませんが、気持ちがどうかあるのでしょう。

  

”コンコン”

ハイム営業「失礼します」

  

約束の時間になり、ハイムチームも入ってきました。
ダンディー上司を除く、ハイム営業・インテ担当・設計士が入場です。
初めての出会いではありましたが、窓揃えやカスミの選択でお世話になったダンディー営業。
彼のスペースが空位になっていることに、寂しさを感じずにはいられません。

   

ハイム営業「お昼はゆっくり召し上がられましたか?」

嫁「。。。」

八郎「。。。ええ、まあ」

ハイム営業「。。。ですよねー、失礼しました」

  

まあ、テンプレあいさつなので仕方ありませんが、大金が動く決断だったため、何を食べたのかすらよく覚えていない、というのがホンネです。

   

ハイム営業「それでは、まず、午前中の打ち合わせ内容で、何か疑問に思われたことなどはありませんか?」

八郎「いえ、特には…ヨメチラー」

嫁「(コクコク)」

八郎「ありません」

ハイム営業「かしもまりました。。。では」

   

いよいよその時が来ました。

  

ハイム営業「結論をお聞かせ下さい」

  

決断の時です。

  

最後の駆け引き

トランプ 駆け引き

八郎「はい…」

  

とりあえず、返事をしますが、腕組みをして、下を見詰めます。

   

ハイム営業「…どうされました?」

   

顔は笑っていますが、目が笑っていません。
流石にこの時ばかりは、ハイム営業から不快感が見て取れました。

   

八郎「うーん…」

嫁「え?快適エアリーはやめて、太陽光乗せるって言ってたやん。違うの?」

八郎「うーん…そうなんだけど」

嫁「えぇ…」

ハイム営業「…」

   

もう懸命な読者さまはお気づきだと思いますが、これは「夫婦で芝居を打つ」作戦に出ています。
ランチをお開きにする時に、嫁と打ち合わせました。
そのひと幕をご紹介します。

   

ファミレスを出る前に。。。

ファミレス 伝票

八郎「嫁ちゃん」

嫁「ん?」

八郎「ダメ元で、芝居を打とう」

嫁「え?どういうこと」

八郎「俺の中で、結論は出たけど、ただそれを伝えるだけじゃ能がない」

嫁「???」

八郎「悩んでいるフリをして、値引きを引き出せないかやってみる」

嫁「えー、それってあまりにも印象悪くなるんじゃ」

八郎「そのリスクはあるけど、でも、背に腹は替えられない。ここでイラつかれても、それで3万でも5万でも引いてもらえれば儲けモノだと思う」

嫁「だけど。。。」

八郎「俺も空気が読めないわけじゃないから、あまりにも険悪になりそうなら引くけど」

嫁「。。。」

八郎「値引き交渉はこれが最後のチャンスだと思うんだ」

嫁「うん」

八郎「今までは、俺も駆け引きとか好きじゃないから正面から、『値引き願いします!』って行ってたけど、間違いなくこれが最後の交渉になるだろうから、駆け引きに出る」

嫁「。。。わかった」

八郎「嫁ちゃんは、ハイム営業に結論を促されたら、俺は悩んだフリをするから、その時に正直に『快適エアリーやめて、太陽光載せるって言ったよね?』と言ってくれればよいよ」

嫁「うん、わかった」

八郎「後は俺がどうにかする。多分エアリーの値引きは厳しいだろうから、太陽光の値引きを狙うつもりで行く。でも、もしエアリーの値引きが勝ち取れたら、エアリーに鞍替えする。それでよいかな?」

嫁「了解!!」
(次回へ続く)

   

いよいよ最終確認も最終局面。
結論は出ていますが、値引きを引き出すべく、駆け引きに出ました。
ハイム営業の反応は?
そして釣果のほどは?
そして、長きに渡る打ち合わせの結論がついに形になります。
普通のブロガーさんなら10-20話で済ます内容に、128話費やしました(笑)
お付き合いありがとうございました。
次回「駆け引き出来なかった…値引き交渉の結果」
君は、選び抜くことができるか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です