【第123話】RE:RE:太陽光パネル、どれだけ載せる【模索】

太陽光パネル

どうも!八郎です!!

土壇場の最終確認で、バルコニーをやめて吹き抜けの拡大を選択した八郎家。
その際のプランの変更をハイム営業やインテ担当から説明を受けました。
家としては内観・外観共に見栄えがよくなるようで、それは大満足なんですが、
金額がUPするのは非常に痛いところです。。。
(もし、始めてこの記事に飛んでこられた方は前回の記事をご覧下さい)
そして!
このプランの変更が、今度は八郎を突き動かそうとしています。
それでは続きをどうぞ!!

   

「あと、屋根が広がりますね」

屋根

バルコニーを潰し、拭き抜けの拡大を選択した八郎家。
採光にとっては大きくプラスで、明るいリビングが望めそうです。
また、窓をそろえることで、タイル外壁の外観の貼り替え(アクセントライン)も実施。
土壇場での変更だったとは言え、結果的に、非常に満足のいく変更だったといえます。
他にも何か、プランで変わることはあるのでしょうか?聞いてみることに。

   

八郎「ハイム営業、他に何か変わりそうな所ってありますか?」

ハイム営業「そうですね。。。」

   

腕組みして考え始めました。大方、出尽くした感があるようです。
インテ担当も設計士も特に追加して話すことは無いようです。

   

ハイム営業「あっ、そうか!」

   

何か思いついたのか、ハイム営業がプランのページをめくり始めました。
実は、プランのページは1階、2階の他にもう1ページ存在します。
それは、「屋根」です。
屋根にもしっかりページが存在しており、特に太陽光パネルを載せるプランには、どの場所に太陽光パネルが載るのか明記されています。
ハイム営業が、屋根のページに手書きで書き加えます。

   

ハイム営業「あと、屋根が広がりますね」

八郎「屋根?」

ハイム営業「はい、バルコニーがなくなりましたので。もともとバルコニーは屋根無しだったので。それでその部分屋根が広がりますね」

   

かつてのプラン打ち合わせでの与太話

打ち合わせ

ここからはまだ最終確認になる前のお話です。
ちなみに、この記事をまだ読まれていない方はこちらの話をご覧いただいてから戻ると、より楽しくこれからの記事がお読みいただけるかと思います。

※第95・102話参照

八郎が太陽光パネルを4kw載せる決定をした時に、ちょっとした与太話をハイム営業としていました。

   

八郎「その、参考までに、という話なんですけど、聞いていいですか?」

ハイム営業「どうぞ」

八郎「もし、うちの家って、屋根に目一杯太陽光パネルを載せようとしたら、どれくらい載りますか?」

ハイム営業「そうですねー、ざっくりしたお答えですが、4.4-4.6kwくらいじゃないですかね」

八郎「あらら、もう結構載っているんですね」

ハイム営業「ですね、この部分はバルコニーになっていて屋根が無いので、実は4kwは結構いっぱいいっぱい載っている感じですね」

八郎「なるほどー、じゃあもうあまり載らないって事ですね?」

ハイム営業「そうですね、じゃあギリギリまで載せますか?」

八郎「いやいや、もう4kwで充分です(笑)」

   

という与太話でした。
もう充分です、とか言いながらも、実はギリギリまで載せても良かったかなぁ、とちょっと思ったりしましたが、もうこれ以上出費するのもな、と思いその場は諦めました。

   

ハイム営業「あと、屋根が広がりますね」

   

静かな水面に、小石を投じ、その波紋が徐々に広がっていくかの様に、
ハイム営業の言葉が、静かに八郎の心に響いていくのでした。

   

湧き上がる想い

湧き上がる

屋根が広がる。。。

何か違和感を感じます。

屋根が広がる…
という事は!

  

八郎「ハイム営業!」

ハイム営業「何でしょう」

八郎「屋根が広がったら、太陽光、どれだけ載ります?」

嫁「」

  

今度は嫁が「は?」という顔をしています。
これは全くの想定外、アドリブ、台本には無い話です。
今日、屋根が広がる、という結論を聞いてのリアクションでしかありません。

   

ハイム営業「そうですね…きっちり引いてみないとわかりませんが…」

ハイム営業「恐らく5kwは搭載できると思います。後1kw載せることが出来ると思います」

八郎「1kw増設、いくらかかりますか」

ハイム営業「40万です」

八郎「(40万…かあぁ…)」

   

何と言う僥倖。
嫁がバルコニーをやめて屋根が復活したことにより、太陽光パネルを更に積めるチャンスが産まれました。
しかし追い銭は40万です。
簡単においそれと追加できる価格ではありません。
何がともあれ、これが最後のチャンス。
変化が変化を呼び、八郎家のプランが目まぐるしく動いていきます。。。
(次回へ続く)

   

バルコニーを止め、吹き抜けを採用することで屋根が復活。
そこで太陽光パネルを増やすチャンスが産まれます。
1度は4kwで結論を出した八郎の心が揺れ動きます。
さて、この流動的なプランをどう結論付けるのか。
八郎夫妻が、最後の話し合いを行います。
みんなが笑顔になるプランを選択することは出来るのか?
次回「最後のランチ作戦会議」
君は、選び抜くことができるか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です