【第94話】セキスイハイム3種の神器の是非

三種の神器

どうも!八郎です!!

洗面所のタオル収納を確保するために、パントリーのスペースの削減を選んだ八郎家。
何かを活かすために、何かを犠牲にする…注文住宅あるあるのひとコマを綴りました。
しかし、選ばなければならないのはそれだけではありません。
打ち合わせも終盤戦。
そろそろ、例のオプションにをどうするのか、結論を出さないといけませんよね?
数十万~百万近い金額のオプションです。
こちらも容易ならざる決断になります。
それでは続きをどうぞ!!

セキスイハイム「3種の神器」とは?

三種の神器

勝手に八郎が命名している、セキスイハイムの3種の神器。
それは
・「磁器タイル外壁」

・「快適エアリー」

・「太陽光発電システム」

の3種類です。
太陽光発電はハイム独自の商品ではありませんが、昔から太陽光発電を積極的に導入を進めているハウスメーカーとして有名ですよね。
屋根を拡大して、太陽光パネルを少しでも載せてエネルギーの自給自足を目指した「スマートパワーステーション」と言う商品も当ブログでも何度も取り上げました。

この3つは、セキスイハイムの看板オプションとして君臨しています。
導入すべきか否か…施主を最後の最後まで悩ませます。
悩ませる原因は…そう、価格です。

3つを導入すると幾らになるのか

お金がいくらかかるか

推定値ですが、ズバリ書きます(色々な状況で変わります、参考としてみて下さい)

・太陽光発電システム(5kw) … 200万 
・快適エアリー(1Fのみ) … 80万
・磁器タイル外壁(1番廉価グレード) … 120万

なんと、合計400万です!!
そこそこ良い車が買える位の金額です。
この3つを全部トッピングするのは勇気が要りますね。

優位性が見える「磁器タイル外壁」と不安定さが見え隠れする「太陽光発電」

太陽光発電システム

磁器タイル外壁は、施主のブログでも概ね好印象です。
やはり、「外壁を15年に1度塗り直すより安く上がりそう」と言う長期視点での経済的優位性が導入に踏み切らせる大きな理由でしょう。
また、部分部分の「色の貼り分け」が可能なのも、オリジナリティーを追求したい施主にウケている模様。
わかりやすさは、間違いなく消費者への最大のアピールポイントになります。

しかし、そこと比較して、太陽光と快適エアリーは、不安定さが見え隠れします。

太陽光発電は、当ブログでも何回も取り上げていますが、経済的優位性が証明されていれば、多くのハウスメーカーが標準装備にしているはずなんです。
しかし、そうならない背景には、不透明な要素が多々あるからでしょう。
やはり、日照時間で発電量が大きく左右される不安定さ(売電収入に大きく影響)。
将来の売電の見通し(制度や売電単価)の不安定さ。
そして屋根に設置してあるが故、状況を把握することガ容易ではなく、からどのようなトラブルが起きるのか誰も分からない不安定さ。
太陽光の将来は残念ながら霧の中にあるのは間違いありません。

間違いなく割高な価格で、デメリットも見える「快適エアリー」

快適エアリー

そして、最後に快適エアリーです。
この商品に関しては、施主のブログでも賛否両論です。
八郎の思いも含めた、快適エアリーのデメリットを並べます。

①設置費用は一般の空調に比べ、間違いなく「割高」
②「ガラリ」の視覚的な問題
③故障したときが大変そう

①に関しては、こう言う計算が出来ます。

▼快適エアリー(1Fのみ) 80万

△エアコン 1Fリビング 30万+5万 和室 8万+5万 合計48万

※差額 32万

②については、八郎は気になりません。
ただ、見た目が気になる人には。。。
これも、施主ブログで受けが宜しくない理由の大きなひとつです。
どこかのブログで
「親にガラリのデザインに猛反対されたからやめた」
「子供がガラリに何かこぼしたりしたら、エアリーが故障しそうな気がしたからやめた」
等の記述を見たように記憶しています。

③が1番の懸案事項です。
快適エアリーは、その空調システムを床下に組み込みます。
なので、もしトラブルが発生した場合、業者が床下にもぐりこむことになると思います。
これは。。。なんか落ち着かないですよね。
エアコンなら、最悪買い換えればそれで事足ります。
しかし、快適エアリーを買い換えるのは非情に難しそうです。
「故障した時、どうなるのか?」
この問いに対する明確な回答が出ないと、快適エアリーが壊れたら、と想像すると、夜も眠れなくなりそうです(笑)
(次回へ続く)

すみません、今回は今までのおさらい記事みたいになってしまいました。
ここから最後の打ち合わせにかけて、不安定要素満載の「快適エアリー」と「太陽光発電」を どのように悩んで、どのように考えて、どのような結論を出したのか?
その下地を説明したくて、今回1回、前置き記事を書かせて頂きました。
これから、この2つのオプションに、八郎家のプランは翻弄されていきます。。。
次回「太陽光発電、追加すべきか否か」
君は、選び抜くことができるか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

4 件のコメント

  • こんにちは
    そらきちです

    三種とはこのことだったんですね

    私の意見を述べますと、

    ○快適エアリー
    不要です
    ウチは3階建ですが、当初の計画では3階全てにエアリーをつける予定でした。しかし、ハイムより、かなり濁したように必要ないと言われ、しぶしぶ一階のみつけました
    不要の一番の理由は、電気代がものすごくかかる、からです
    当初、「一日中エアリーをつけたままでもたった100円です」と言われていたので、だったらエアコンより良いと思いましたが、住んでみて愕然としました
    うちは蓄電池+太陽光パネルありますが、正直、普通のエアコンを上位モデルのを買えば良かったと思います

    ちなみに住宅で電気代がかかる家電は、エコキュートが大半を占めますが、エアリーにはかないません。頭の中で、エアリーをつける時間帯と部屋の温度を常に気にして過ごさなければなりません

    しかし、唯一良い点があります
    それは吹き抜けのある家なら分かるのですが、ガララから舞い上がる暖かい風が吹き抜けを通って家全体が暖かくなることです
    正直、これだけです

    ○タイル
    大変良いと思います
    うちはGタイルを使っています
    何十年も住むなら絶対にコストパフォーマンスを考えるならタイルです
    デシオなので、3階までのタイルはかなりの迫力があります
    家事にも強いですからね

    ○太陽光パネル
    不要です
    うちは6?5.8?
    忘れましたがそれくらいのパネルをつけています

    当初、「10年は買取固定ですので安定した売買ができます」とハイムの方から言われて、知識が無かったのもそうなのですが、実際生活してみるとやはり不要だったと思います

    八郎さんは、太陽光パネルの発電量を考えましたか?
    とてもお天気の時で、太陽ギラギラで、エアコンも使っていなくて、画面リモコンから発電量が見える状態で、一日中発電売電をして、どのくらい発電しているか気にされましたか?
    私はそんな知識が全く無かったので、「太陽光パネルは蓄電池とセットだと家計に優しいと思う」程度でした

    しかし、実際は違いました
    どんなに太陽ギラギラしていても、つけたパネルの最大80%しか発電されません
    これは、太陽がパネルに対して一番良い絶好の角度の場合です
    ハイムはフラット屋根なので三角屋根のタイプよりはいろんな角度から太陽をもらうことができますが、それでも最大80%です
    2018年は1キロワット28円?26円?です
    すごく頑張っても24-26キロワット程度です
    すごく晴れている時限定です
    エアリーつけるとさらに悪いし、曇りの日はひどいものです
    それよりはオール電化のエアコンだけにした方が良いと思います

    長くなりましたが、住んで一年経ちましたが、いろいろ残念だったと反省しております

    • >>そらきちさん
      コメントありがとうございます!!

      まじですか。。。あと3か月早くコメントを。。。(笑)
      俺のブログより全然的確なコメントですね、脱帽です。
      ネタバレになりますので名言は避けますが、3か月前にそらきちさんのコメントを見てれば、我が家の作りは違った結論になっていたかもしれませんね。
      ブログにも書きましたが、住んでみないとわからない結論の、リアルな意見ですね。ありがとうございます。

      家は3回建てないと満足いく家が建てられないとどこかで見ましたが、なかなか難しいですね。
      だから面白い、とも言えますが。
      折角悩みぬいて建てた家です。
      前向きに考えていこうと思います!!

  • いつも楽しく読んでいます。
    昨年建てて1年経ちましたが
    感想です。

    ◆快適エアリー
    1、2F両方つけました。
    リビング階段です。

    これに関しては大満足。
    強いて言えば建てた後に2Fも床吹き出しになったのが残念!

    メリット①
    家中均一の温度でストレス0
    マンションの時は夏も冬も部屋によって温度差があるので移動が苦痛でした。
    エアコンでは部屋中均一も難しい

    メリット②
    タイマーや温度設定などいちいち考えるストレス0

    メリット③
    窓を開けなくて良い
    室内の空気が圧倒的に綺麗

    花粉症なので凄く楽

    24時間換気のおかげか
    1Fは埃が殆ど溜まらない!
    そのかわり24時間換気の吸気口に溜まるけど..
    そこだけ掃除すればかなり綺麗
    2Fも吸気口が欲しいくらい
    これとルンバを組み合わせれば、毎日家がとても綺麗です!

    デメリット①
    電気代が高い
    太陽光でカバーか…
    でも払う価値あると思います

    デメリット②
    乾燥
    とにかく乾燥する
    1Fのリビングに60畳用の加湿器を購入した…

    ちなみの故障について建築前に聞いたら
    10年以上経過すると故障リスクがあるようで、本体ユニットの交換が約30万円位と説明受けました。床下から出せるの?という質問には、分解して交換できますという回答でした。

    個人的は ストレスのない空間を買うという発想です。個別エアコンではここまでできません。

    ◆磁器タイル外壁
    レジデンスNにしました
    外壁はいつも綺麗
    タイルの種類は完全自己満足ですが、毎日見ると綺麗だなと思って、仕事頑張る気になりますw

    ◆太陽光
    今のところ想定通りの発電で
    10年で投資回収できる見込みです
    トラブル無ければ。
    念の為セキスイハイムの地震保険で設備のオプションつけました。

    3種の神器は大満足です!

    • >>隣のハイムさん
      コメントありがとうございます!!

      楽しく読んでいただいて…圧倒的感謝っ!です!ありがとうございます!!

      快適はやはり快適ですか(笑)
      だから快適なんですよねー(哲学)

      私の身の回りに2人快適エアリーを導入しているセキスイハイマーがいますが2人とも満足していますね。。。
      隣のハイムさんは三種の神器全部持ってあって羨ましいです。

      特に快適エアリーの返信に熱量を感じます。
      隣のハイムさんの大満足感が伝わってきます。
      そういう風に情報を熱量をもって伝えられるブログに出来るよう頑張ります!

      あ、タイルは完全に自己満ですよね!
      自分も、自分のタイル貼り分けを見て、ひとりニヤニヤしている危ないおっさんです。
      職質されないように気を付けます(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です