【第88話】最高のバルコニー

どうも!八郎です!!

超巨大分譲地で、セキスイハイムのSPSでマイホームを建てたA君。
本日はA君のお宅訪問に来ています。
A君の家は、お金をかけるところ、質素にするところ、実にわかりやすいコンセプトです。
そして、その印象は更に2階を見せてもらうことに明らかに。
八郎は今回の内覧で何をつかむのか?
それでは続きをどうぞ!!

キャンピングチェアとテーブル

f:id:hachiroublog:20190329003549j:plain

A君「2階も是非、見ていってください」

そう言ってコの字の階段を上がって2階を案内してくれます。
2階はシンプルな3部屋構成。
子供部屋と、A君の部屋からはバルコニーに出ることが出来ます。

A君「まずは、僕の部屋からどうぞ」

中に入れてもらいました。
シンプルなオフィスデスク、ベッド、あまり幅を取らない本棚。
シンプルなローボードに30インチ強のテレビ。
ゲーム機器が繋がっています。

うーん、派手さはないけど、必要最低限の設備は整っており、実に生活しやすそうです。

A君「ちょっと散らかってますけど、ありのままと言うことで(笑)」

八郎「全然オッケーだよ」

A君「ベランダに出ましょうか?インナーバルコニーこんな感じです」

そうしてサッシを開けてバルコニーへ案内してくれます。
A君が言うように、バルコニーは確かに広い。
八郎家なら少し持て余しそうなくらいです。
そこに、SPSならではの瑕疵が覆っています。
そして、インナーバルコニーの中央には、キャンピングチェアとテーブルが設置されています。

最高のバルコニー

f:id:hachiroublog:20190329003639j:plain

八郎「おおっ、ここでコーヒータイムとかしたりする?」

A君「はいそうです。たまーに朝食も食べたりしますよ(笑)」

A君「キャンプに使うテーブルと椅子ですけど、これで充分です。片付けられるし嵩張らないし」

最初はなんかこの家のコンセプトが見えないなー、ともやっとしていましたが、ここにきてかなりわかってきました。
何となく感心すらしてきました。

A君「ここから眺める景色。高台でもないしそんなにいいもんじゃないです」

八郎「。。。」

A君「でも自分はここからの眺めが好きです。子供と食べる朝ごはんもサイコーですよ」

八郎「。。。」

A君「家族三人で、バルコニーに溜まることもあります。バルコニーは広くしてよかった、って思いますね」

八郎「。。。」

そう言いながらバルコニーからの景色をまぶしそうに見つめるA君に倣って、八郎もバルコニーからの景色を眺めます。
八郎には普通の景色にしか見えていません…が…

A君にはきっと素敵な景色に見えている事でしょう。

奥さん「キリのいいところで、お茶にしませんか?」

下で娘さんと遊んでいた奥さんが声をかけてくれました。
あまり長居をするものいけません。
もうお暇しましょう。

この後、子供部屋と奥さんの部屋(←これにはびっくりしたんですが。。。見せていいの?)を見せてもらいました。
子供部屋は、可愛らしいクロスで床も白を採用し明るい雰囲気。

奥さんと娘ちゃんが寝ているようです。
奥さんの部屋は、ダークブラウンの床で、書斎が広く本棚が所狭しと並んでしました。
聞くと非常に難しいお仕事に就かれているようです。
間違いなくA君や八郎より多くの所得がありそうなお仕事です(笑)

聞いてみたかった質問をしてみることに

長居をしたので、お茶は固辞してみましたが、「折角用意したお菓子もありますので」と言う言葉に我慢できず、A君の家でお茶を飲んでいる八郎です(笑)。

娘さんが興奮気味にいろんなことをしゃべっています。

奥さん「すみません、娘がうるさくて。。。あまり来ない来客に興奮しているみたいで。。。」

八郎「あはは、全然気にしないで下さい、可愛いですね」

f:id:hachiroublog:20190329004012j:plain

A君が娘ちゃんのわんぱくな食べっぷりをフォローする。
奥さんがそんなふたりを微笑ましく見守る。
その景色を、マイホームが演出する。。。

2階のバルコニーから見える景色も、そして、お世辞にも広いとは言えないダイニング、そしてテーブルもどこにでもありふれたテーブルです(A君、ごめんよ)
しかし、A君一家から見れば、バルコニーも、ダイニングも、そしてマイホーム全体がとても満足できているものだとは、その顔から推し量る事ができます。

八郎は、もし聞く機会があれば聞こうと思って温めていた質問を聞いてみることにします。
(次回へ続く)

何でもが幸せそうに見える、A君一家のマイホーム生活。
新居での生活は充実したものである事が伺えます。
八郎は、内覧当初から聞けたら聞こう、と思っていた質問を最後にぶつけてみることにします。
そして、後日この話には、最後にとんでもないオチが待っています(笑)
A君宅内覧編次回完結。
次回「家に求めるものは何ですか?」
君は、選び抜くことができるか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

いつも最後までご覧頂きありがとうございます。応援宜しくお願い致します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です