【第81話】突撃!隣のセキスイハイム!!

f:id:hachiroublog:20190326063129j:plain

どうも!八郎です!!

 

内装の打ち合わせも第一回目が終わり、いよいよプランの打ち合わせも佳境に入ってきた、という感じの八郎家。
内装の打ち合わせに突入すると、他の家の内装はどうなっているのだろう?と気になったりしませんでしたか?
八郎も、打ち合わせ以降、内装の事が気になって仕方ありません。
頭がピーマンの八郎が、内装のイメージの引き出しを増やすために取った行動とは?
それでは続きをどうぞ!!

 

違うセキスイハイムの展示場に行ってみる

f:id:hachiroublog:20190326000219j:plain

内装の第一回目の打ち合わせ終了後。。。
内装の事が気になって気になって仕方が無い八郎(←ホント単純馬鹿です)
何とか内装の実例をこの目で見て、自らの目を肥やすことが出来ないか、と色々無駄な行動に打って出ます。

 

まずは打ち合わせの場所を変えてみます。

 

家から車で10分の所にある、打ち合わせが出来る展示場をわざわざ通り越して、30分以上かかる展示場にて打ち合わせをハイム営業にお願いする八郎。

 

ハイム担当「私は構いませんが、わざわざ遠くの展示場を指定するのは何か理由があるんですか?」

 

八郎「いや、実は、カクカクシカジカ、アーデモナイコーデモナイ」

 

ハイム担当「なるほど!かしこまりました!!それではその展示場で打ち合わせしましょう!」

 

理由を話すとハイム営業は快諾。
後日、晴れて違う展示場で打ち合わせをすることに。
打ち合わせの前に、10分ほど中身を見せてもらい、写真をパシャパシャ撮りますが。。。
何かが違う。
コレジャナイ感を背負いながらの展示場探索。
否、違うのではなくて、身の丈に合っていないんですね。
住宅ド素人八郎が見ても、このオプションは高い!と判断できる内装実例の数々。

 

www.hachiroublog.com

 この記事にあるように、展示場はハウスメーカーの威信をかけた至れり尽くせりの建築物。
夢を見られる反面、厳しい現実も突きつけられます。

そうだ!建売を見に行こう!!

f:id:hachiroublog:20190326000334j:plain

がっかりした気持ちで、身も入らず打ち合わせを続ける八郎。
そんな八郎のだだ下がりテンションを察してか、ハイム営業から提案が。

 

ハイム営業「八郎さま、建売をご覧になられたらいかがですか?」

 

八郎「!!!」

 

そう!その手があるジャマイカ!!
建売を見に行けば良いんです!!
今まで、建売を見に行っても、間取りの部分しか参考にしておらず内装の細かいところとか全く見ていませんでした。
しかし、今なら違う視点、内装の事を気にする視点で建売を見る事が出来そうです。
そして、何より身の丈にあった、もしくは近いレベルでの実例が見れそうな気がします。
建売の販売金額が、自分たちの予算に近いのも、その思いを後押ししてくれます。

 

八郎「いいんですか!?」

 

ハイム営業「はい、全然構いませんよ。どしどし見て下さい(笑)」

 

八郎「えーっと、で…どこか建売を紹介してください(笑)」

 

ハイム営業「そうですね…あ、八郎さまの場所なら、超巨大分譲地が一番近くて建売も多いですよ」

 

八郎「!!!!!」

 

そうです、超巨大分譲地があるじゃないですか!

 

www.hachiroublog.com

 幸い、ほぼどんな内装だったか忘れてますし(笑)これは身近で沢山見る事が出来る、うってつけの分譲地です。

 

ハイム営業「土・日・祝なら、この前土地を契約した建売物件に誰かがいます」

 

ハイム営業「そこに詰めている者に声をかけてもらえれば、10時~17時くらいの間なら間違いなく内覧できますよ」

 

八郎「もし、誰もいない場合はどうしたら良いですか?」

 

ハイム営業「その場合も自由に見て下さい。うちの営業に何か言われたら、私の名前を出してもらえれば大丈夫です」

 

八郎「ありがとうございます!!」
(次回へ続く)

内装の実例を見るために超巨大分譲地へ行く事を勧められた八郎。
そこは5-6件の建売があり、実に色々なテイストの内装があったと思われます。
何かと思い出深い、超巨大分譲地。
そこで、八郎は何かを得ることが出来るのか?
次回「三度(みたび)、超巨大分譲地へ」
君は、選び抜くことができるか。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ 

いつも最後までご覧頂きありがとうございます。応援宜しくお願い致します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です