【第62話】こだわる所にはこだわりを持って

どうも!八郎です!!

個人的に不安視していた住宅ローンの事前審査にも無事合格し、住宅ローンは申請すれば降りる可能性が高まります。
しかし、本審査では健康状態や既往症への告知をしなければならず、高血圧症を持つ八郎にはまだ予断は許さない状況。
注文住宅の打ち合わせは、この後もトントンと進んでいきます。
いったい今は、最初の見積もり提示からナンボUPしたのか?
そして、これから更にナンボUPするのか!?
それでは続きをどうぞ!!

オープン階段プランへの建物本体工事費用のプラスは6万

f:id:hachiroublog:20190223164624j:plain

前回の打ち合わせでオープン階段プランをぶち上げた八郎家。
家の本体工事費用は、プラス6万の上乗せとなります。
階段の場所が変わり、1階は1部、2階は結構な間取りの変更が発生。
細かい説明で積みあがる金額を聞いた結果、工事だけでプラス6万の上積みが発生します。
その他に、インテリア関係で、シーリングファンをつけるかどうするか約8万、ダウンライトは場所の変更、及び増設(2階からリビングを照らすことになるため)でざっくり3万のUPが見込まれます
空調についても、快適エアリーにするのかが懸案事項。快適エアリーをつければシーリーングファンは要らないそうですが、エアコンにするならシーリングファンはつけたほうが空調面でよいとの事。
かっちょ良さを追求した結果、結構高くついてしまいました。
現状の確定の追加工事費用をおさらいすると

  • LDカウンターの設置(ダイニングのサッシの縮小と相殺して)+1万
  • 勝手口の増設 +21万
  • オープン階段プラン(家本体工事のみ) +6万
  • ◎62話時点での工事費プラス(早くも)合計+28万

となっています(汗)。
既に結構な積みあがり具合で、背中を冷たい液体が流れていきます…

部屋干しはどこにする?

f:id:hachiroublog:20190223165021j:plain

部屋干しスペースが懸案事項になっていました。
実は、かつてのB社との見積もりで、サンルーム(室内干し出来るスペース)の提案があり、洗面所の横に設置され、雨の日などは重宝しそうなスペースがありました。

www.hachiroublog.com

(※第27話参照)
このサンルームを是非セキスイハイムで実現させたかったのですが、土地の狭さ(と恐らく八郎家のあまりの低予算ぶり)の絡みで、ハイム営業からやんわり断られていました。
しかし、現状の土地を選択したまま、サンルームみたいな場所は作れないか、という議題を揉むべく、第3回八郎家G2サミットが開催されます。
要は、現状の間取りで、なんとかサンルーム的な場所になるところはないだろうか?と。
当初、オープン階段プランにすることで、吹き抜けになり延床面積が狭くなるため、2階の部屋干しスペースが消滅する予定で話は進んでいました。
(結論、このスペースは2畳程度の狭いスペースながら復活します)
で、この部屋干しスペースを2階の寝室に設置するか、果てまた1階の和室に設置するか、次回の打ち合わせまでの宿題として頂いていました。
しかし!和室も寝室も部屋干しスペースにはしたくないと言うのが我が家の結論!!
となると、どこに干すのか、が焦点となるんですが。。。

f:id:hachiroublog:20190223165427j:plain

そもそも、2階で洗濯物を干す、と言う事に関して消極的だった八郎家。
いくら脱水されているとは言え、それでも重いであろう家族4人分の洗濯物を1階から2階に運ぶのは、ほぼ嫁の役目。。。
これを死ぬまでやらなきゃならんのか、と思うとかなりしんどい。
だったら晴れてようが暴風雨だろうが1階に干す、そして乾いた衣類は畳むから、自分の部屋には各々持って行って!だと洗濯の負担は少しは軽減されそうですよね?
よって、晴れている時はそのまま勝手口から外干しのゴールデンルートが確立されていますが、問題は雨天時。
このままでは、和室を雨天時の物干しルームにするしか無さそうです。
「和室やむなしか!」
そう思っていた矢先です。
八郎、天啓に打たれます。

初志貫徹を目指す

f:id:hachiroublog:20190223172430j:plain

当初のサンルームのコンセプトは、洗濯機の設置してある部屋の隣で干す、と言うものでした。
移動がチョー楽ですよね。
ならば!洗濯機の隣の部屋に干してしまえ!!
と言う無理からの発想で生まれたのが「浴室乾燥機」でした。
いやいや、洗濯物乾かすだけなら洗濯機に乾燥機能がついているヤツでよくね?と言われそうです。

▼浴室乾燥機のメリット

  1. 浴室内を乾燥させ、黒カビの発生を防止する
  2. 冷暖房機能も装備、浴室を暖めたり涼しくする機能も完備、冬場のヒートショック防止に役立つ(※八郎がヒートショックでぽっくり逝った方が家のローン的には助かりそうだけど(笑))
  3. 急遽、速攻洗って乾かさなければならない衣類が出てきたときに活躍(コインランドリーに行かなくてよい)

▼浴室乾燥機のデメリット

  1. 初期投資(イニシャルコスト)が結構かかる。八郎家はオール電化なので電気式。(ガス式もあり、ガス式はイニシャルコストはかかりますがランニングコストが安いそうです)
  2. ランニングコストもかかる(1回3時間使用で約300~350円)
  3. フィルターの掃除がこまめに必要(衛生面や乾燥機能を保つためには必須)

浴室乾燥機には、このようなメリット・デメリットが存在します。
特に、メリット1.と3.は八郎家にとってもウエルカムポイントです。
突然、「突如、問答無用で洗濯物を1夜で乾かさないといけないイベント」は、たまーに発生しますのでこれからはコインランドリーにGOしなくて済むのはとてもありがたいですね。

と言うことで、衣類を乾かすだけが浴室乾燥機じゃないぞ!と言うことで浴室乾燥機は仮採用の運びとなります。
後はイニシャルコストです。
八郎家調べでは、まあまあのメーカーで約7万くらいと推測してますが、果たしてどうでしょうか?

気になるイニシャルコストは。。。?

f:id:hachiroublog:20190223172823j:plain

晴れて次回の打ち合わせ。
ハイム営業に浴室乾燥機の構想をぶち上げます。

ハイム営業「八郎さま、部屋干しのホスクリーン設置の件なんですが…」

八郎「はい、ある程度決めてきましたよ」

ハイム営業「それがですね…2階の間取りを引きなおした結果ですね」

八郎・嫁「(コクコク)」

ハイム営業「2階に2畳程度のスペースを作ることが出来ました」

八郎「おおっ、そうなんですか?」

ハイム営業「なのでホスクリーンは2階の共用スペースに設置できますよ!!」

八郎「おおーそうなんですね!ではホスクリーンは2階の共用スペースに設置するとしてですね…」

ハイム営業「???」

八郎「実は、浴室乾燥機を設置しようと思います」

ハイム営業「」

f:id:hachiroublog:20190223170903j:plain

この時のハイム営業の顔が今でも忘れられません。
「金無い無い言ってたくせに、何言ってんだコイツ」的な顔をしたような気がしました。

(以下、八郎の妄想世界スタート「ハイム営業の心のつぶやき」を勝手に想像)

『「予算は4000万だ、4000万じゃないと家が建たない」
とワーワー言われたから、俺の努力で何とかタイル外壁込みで4000万のプランを無理無理提示してやったのに、その後の打ち合わせで
「勝手口付けまーす(+21万)」
「浴室乾燥機付けまーす(+9万)」
だとぉ。。。コイツ実は金持ってるんじゃねーの?』
(以上、八郎のの妄想世界終わり)

結局、コストはパナソニック製の浴室乾燥機が9万でつくとの事。
若干予測をオーバーして痛い感じですが、八郎家は浴室に乾燥機をつけることで決定します。

お金はかかってしまいましたが、家事ラク導線は完成。

洗濯物は、晴れた日は洗面所から左を向いてキッチンから勝手口に出て外へ。雨の日は右を向いて浴室へ。嫁も大満足です。

…しかし『「浴室乾燥機、つけまーす」事件』を境に、この後の八郎家のプラン打ち合わせはだんだん、おかしな方向に進み始める事を、その時の八郎家には知る由もありませんでした。
(次回へ続く)

金がナイナイわめいていた割に、オプションをガンガンつけてハイム営業も呆れ顔?
典型的な「高い買い物に金銭感覚が麻痺している状態」に突入します。
こだわる所にはこだわりを持って!
家事ラクの為ならお金を積んでよい、と言えばかっちょいいのですが…
オプションを積み上げ、支払い総額が積みあがっていく八郎家を待つ運命は!?
次回、「地主への道」
君は、選び抜くことができるか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

 

「おもしろかった!」「ためになった!」「また明日も読んでやろう」
と思われた方、ブログを続ける活力になります!その気持ちで2つとも押してください!!
「つまんねー」「全然ためにならん…」「しょーもな、時間返せっ!!」
と思われた方、反省します。。。どちらか1個押してください。。。
宜しくお願いしますっ!!\( ^o^)/ありがとうございますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です