【第60.5話】家づくりはこうしておけばよかった!という振り返りと反省(第41話~第60話まで編)

f:id:hachiroublog:20190220205741j:plain

どうも!八郎です!!
頼まれてもいませんが、話数に20の倍数来ましたので、個人で勝手に家づくりのこれまでを振り返ります。
今回は第41話~第60話までです。
いつもこんなグダグダなブログに目を通して頂き、ありがとうございます!!
それでははりきって振り返ります!!

注文住宅なんてすぐには決められない【第41話参照】 www.hachiroublog.com

八郎家は、41話のB社だけでなく8話でA社からも「本日中に契約してくれたら安くします」的な迫られ方をしています。
はい、完全に脇が甘いとしか言いようが無いですね(笑)
恐らく、不勉強のまま注文住宅を検討し始めたので、自信の無さが滲み出てしまい、結果営業に嘗められたんだと思います。
1番良いのはある程度、調べるなり、人の話を聞くなりして知識を身につけること。
でもそれって結構億劫だったりもしますよね?
しかし、今回の買い物は数千万もする一生モノの買い物なんです。
ちょっと不勉強が過ぎたかなあと反省しています。
もし、営業が強引な契約を迫ってきた場合、まだ決めきれない思いがあれば「絶対に断る」勇気をもって下さい。
「このHMでもいいかなー」って思いが強ければ、更に値引きなりサービスなりを交渉して契約しちゃうのもありです。
でも、迷いの森のど真ん中にいる認識があるのであれば、ちょっとやちょっとの好条件くらいでは断りを入れるべきです。
「今なら~」とか「今日までなら~」の常套句は、実は断った後でも平気で使われる可能性が高いです。
迷いがあれば契約はしない、これに尽きます。

マイホームを購入した友達なり知人を探して捕まえておく【第42話参照】 www.hachiroublog.com

八郎の周囲はここ数年、空前のマイホームブームに沸き、結構な人たちがマイホームを購入していきました。
そんな風に煽られて八郎もマイホームを買ってしまったのは事実ですが、やはり先人の知恵とは言ったものでマイホームの先輩たちの話や助言は結構な確率で助けになります。
購入を検討しているHMと一緒ならものすごく参考になる情報が聞けると思います。
何せ、先人が1回通った道を聞けるんです。
先人が違う道を通ってしまい辿り着けなかった領域や、更なる近道がわかるかもしれません。
そういう人がいれば超ラッキーです。
もちろん、違うHMでも全然問題ありません。
何も情報の無い空手で挑むよりは、事前情報を得てから家探しを始めた方がよっぽど有益です。
マイホームを思い立ったらまずは周囲に先に建てた人がいないか探してみましょう。
ちなみに「根掘り葉掘り聞くのは迷惑ではないだろうか?」
と言う心配は8割杞憂に終わると思います。
八郎の先人たちは、みな、饒舌に家のことを喋ってくれました、聞いてもいないことも含めて(笑)
そして、今、八郎もその気持ちがとてもよく分かります。
今なら、八郎も聞かれてないことも「あーしたほうがいい、こーしたほうがいい」と喋る倒すと思います。

迷ったら時間の許す限りいろいろな人に聞いて回る【第45話参照】www.hachiroublog.com

ウン千万と言うお金をはたいて家を買おうとしています。
わからないこと、ささいなこと、迷いがあれば、誰にでも良いので必ず相談しましょう。
八郎は頼り人がいなくて、最終HMの営業に頼ったりもしましたが(笑)出来れば、冷静に判断が出来る第三者が良いでしょうね。
何でもそうですが、経験がない場合、ひとりで考えても煮詰まり、判断を誤ることが多いです。
先人の知恵を沢山拝借することをオススメします。

ハウスメーカーはあまり早々に絞らない【第51話参照】www.hachiroublog.com

八郎はB社との打ち合わせを、営業との波長の合わさなさを理由に途中で関係を建ってしまいます。
しかし、営業とのウマのあわなさは認めますが、B社の商品には非常に興味がありました。
今でも、本社にでも電話して「営業と合わないけど、御社の商品には興味があるから営業を変えてもらえないか?」と頼めば良かったと思います。
ここの後悔は、家づくりの中でも最大級の後悔ポイントになっています。
結局、セキスイハイムに早々に絞ってしまったので、濃密な打ち合わせは出来たかもしれませんが、比較対象を失い、その提案が妥当なのかを図ることができないまま契約に至っています。
競合させすぎて、過度な値引きを狙うことは良くはありませんが、2社3社を競合させて、色々なプランの引き出しを開けてもらい、より良い家づくりの参考にすることは悪いことではないと思います。
それだけ高いお金払いますからね。
営業は気に入らないけど、商品はどうしても興味がある → 営業を変えてもらえないか交渉する。
指名HMが無ければ複数者のHMと競合させて、色々な間取りや条件を引き出してもらう。
をオススメします。
ただ、複数者のHMと打ち合わせするとチョー時間がかかる…これがデメリットです。

気に入った土地があれば、競争率が高そうならとりあえず予約する【第54話参照】www.hachiroublog.com

分譲地の土地は、競争率が高いと次の週末には他の客が抑えてしまう可能性があります。
営業は、自分の目の前にいる人だけではありません。
自分の目の前にいる人も何人の新規顧客を抱えているかわかりませんし、営業がその営業所に何人いるかなんて知る由もありません。
もし、この土地良いかも、とビビっと来たら営業に問い合わせをした方が無難です。
セキスイハイムの場合、そこから2週間強でその土地で家を建てるかどうかの結論を出さないといけません。
ですが、冷やかしでなく本気で考えている姿勢を見せれば、ハイム営業も考慮してくれるという話はしてもらえました。
土地は、HMの次に、家の性格を決める重要なファクターになります。
気になる土地は、どんどん自分からプッシュしていきましょう!

家事に関わる投資は惜しまないほうがよい【第57・58話参照】www.hachiroublog.com www.hachiroublog.com

家事は、食事・睡眠同様、避けられない行動です。
八郎家の思いは「よくやること(間取り・道具)には金を掛けた方が良い」です。
投資の場所は人それぞれで、第三者がどうのこうの言うところではありませんが、でも家にいる中で、何に良く時間を掛けるのか、使うのかを考えて、投資の順序を決めることは悪くないと思います。
ちなみに八郎家の思った、投資ポイントは

  • 睡眠
  • 家事
  • 食事

の3点でした。
恐らく、1週間の中で一番家でやっていること、それは「睡眠」かと思います。
自宅で仕事をされている場合は時間配分が変わってくるかと思いますが…
そこで、睡眠に関わる事は力を入れようと考えました。
これは間取りとか装備もですが、ベッドやマットに投資しようということになりました。

また「勝手口」については、ハイム営業も言うように、無い方が・断熱性・防犯・費用の分でメリットが間違いなくあります。必要性を感じなければ、カットして全然問題ないと思います。家事導線をよく考えられて。つけるのか外すのか検討してもらえればと思います。

上記を踏まえまして、皆さまの家づくりがより良いものになります様にお祈り申し上げます。

まとめ

f:id:hachiroublog:20190220210135j:plain

今回は恒例の(?)20話分の振り返りをお送りしました。
こうして自分の足跡を思い起こすだけで、後悔の嵐…orz
家は3回建てないと満足な家にはならない、とはよく言ったもので、1回で自分や家族にとってのベストな家、にはなかなかならないと思います。

  • 嫁さんにはベストでも、旦那さんには厳しい
  • ご両親にはベストだけど、我々夫婦には厳しい
  • 子供たちにはベストだけど、我々夫婦には厳しい
  • みんなは笑顔になりそうだけど、財布に厳しい(笑)

と、皆が100%笑顔の家づくりは難しいかもしれません。
このブログが、1ミリでもいいので、皆さまのお役に立ち、家に関わるみんなの笑顔が、少しでも増やすことが出来たら幸いです。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂きありがとうございました!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ 

「おもしろかった!」「ためになった!」「また明日も読んでやろう」
と思われた方、ブログを続ける活力になります!その気持ちで2つとも押してください!!
「つまんねー」「全然ためにならん…」「しょーもな、時間返せっ!!」
と思われた方、反省します。。。どちらか1個押してください。。。
宜しくお願いしますっ!!\( ^o^)/ありがとうございますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です