【第41話】「今日中に決めてください」

どうも!八郎です!!

B社営業の言葉巧みな揺さぶりに、自分の中にあった思いが揺らぐ八郎。
そして、営業は八郎を更に窮地に追い込む攻めを見せます。
それでは続きをどうぞ!

   

畳みかける営業

営業「と、言うことは壁もタイルを勧められましたか?」

八郎「…はい…」

営業「弊社は、タイルを外壁に貼らなくても30年は塗り替え不要の壁を用意しています。タイルに100万かけるなんてありえません」

八郎「…そうなんですか?…」

   

自分の中にあった思いが論破される様に押し込められ、今にも消えてしまいそうです…
B社営業は、セキスイハイムの利点を欠点に返還していきながら、尚、八郎を攻めます。

   

揺さぶる営業

営業「結構、(セキスイハイムで家を建てると)必要以上にお金を払うことになりそうな気がしますね」

八郎「そうでしょうか?…」

営業「はい、弊社なら必要のない資金です」

営業「八郎様、よく考えてください」

いよいよB社営業の攻め手は佳境を迎えます。

     

口説く営業

営業「今回、我々は、八郎様にプレミアムオーナーになっていただきたい」

営業「その為に、オープンハウスは条件となりますが非常にお値打ちな価格で、現在八郎様に提案させて頂いております」

八郎「…はい」

営業「我々も、この分譲地の販売が落ち着けば、次は△△△(分譲地の名前)の販売に力を入れて行きます。」

営業「イメージとしては、今から約半年後を予定しています」

営業「その為に、我々は建売を4棟と、そして八郎様のオープンハウスを公開し、お客さまに△△△(分譲地の名前)のアピールをしていきたい」

営業の熱弁に、八郎は巻かれかかっています。クズ典型の、目の前の者になびいてしまう感じです。

営業「その為にも、すぐにでも着工の手続きに入りたいと思っています」

八郎「」

あれ、この感じ、どこかで背負った空気に似てきたぞ…
チラッと嫁に目を見やると…

嫁「怒怒怒怒怒」

怒りに打ち震えています。
今にも、この前のC社ヨロシク「帰ります!!」と言わんばかりの雰囲気です。 

www.hachiroublog.com

  (詳細は第14話参照)
気持ちは察しますが、とりあえず膝で膝を小突いて「待て」のサインを送り、もう少しこらえてもらいます。
営業の熱弁は続きます。

    

2回目のキラーフレーズ

営業「その為に、この物件、本日中に決めてください」

八郎・嫁「」

またしても、キラーフレーズ炸裂。 

 www.hachiroublog.com

 (詳細は第8話参照)
本日中の契約を迫られる八郎家。
B社も勝負に出ましたが、それにしても、そんなに押せば落ちる客だとと思われていたのでしょうか?
今思えば、舐められてたなーと深く反省です。
ただ、八郎は不勉強であるが故、このプランや価格が、本当にお買い得なのかどうかを判別する手段がありません。
こう言う場面に遭遇すると、もっと勉強すべきだったと、自分の不勉強さを真剣に反省するんですよね。

八郎「わかりました、本日中にご連絡します。遅くなっても構いませんか?」

営業「大丈夫です、お待ちしております」

八郎「ひとつ、お聞きしても良いですか?」

営業「はいなんでしょう?」

八郎「このプラン、友達などの他の人に見せてもよいですか
(次回へ続く)

    

またしても、「本日中に決めてください」キラーフレーズで、窮地に追い込まれた八郎。
前回A社での同じ出来事で、何か教訓を得ることは出来ていたのか?
そして、八郎が取った行動とは?
次回「わらにもすがる思い」
君は、選び抜くことができるか。

いつもご覧いただきありがとうございます。下記バナーをクリックしていただくと励みになります。

いつもご覧いただきありがとうございます。下記バナーをクリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です