【第27話】転校させる?

bab96f91608f7af78b8c0872f3891f0d_s.jpg

どうも!八郎です!!

 

B社のファーストコンタクト第3弾

分譲地の他の建売を見学させてもらいます。

では、続きをどうぞ!

 

 

 

営業「折角なので、他の建売もご覧になりますか?」

 

 

 

ここの分譲地は、打ち合わせをしたこの家も含め4件の建売があります。

他の土地は既に住んでいるところもあれば、建設中のところも、まだ空き地のところもあります。

土地区画は全部で12件。全てB社の建築条件付土地です。

 

 

 

八郎・嫁「是非、お願いします!!」

 

 

 

そうして、残りの3件を順々に見て回ります。

営業は商品名と共に説明してくれますが、「シンセ」なんちゃらしか記憶に残りません。

いろいろと装備を詰め込んだ、充実仕様なのは目を引きますが、価格は4000万越え。

土地代が1000万行くか行かないかの分譲地であることを考えると、上物は外構込みで約3000万。

流石に予算をオーバーしているで、我々の反応も微妙です。

 

しかし、最初を1件と数えると、最後になる4件目建売が紹介で八郎家に衝撃が走ります。

 

この物件だけは今でも覚えています。

この商品の特徴である、抜群の家事導線とサンルーム(室内干し部屋)は、家事に奔走する世のお母さんに超絶なインパクトを与えると思います。

そして、南側に大開口のサッシを取り付け、採光も抜群。LDKは超明るいです。

庭にはウッドデッキ完備しかもルーフ付き、庭もこじんまりとした広さながらもかわいらしい感じです。

全館空調、電動シャッター付き。

シューズクロークも問題ない広さで、リビング内階段ではないですが、階段下も立派な収納スペースになっています。

 

まあ嫁の目が輝くこと輝くこと(笑)

 

 

 

嫁「わー、ここいいなあ、ここいいなあ、ここいいなあ」

 

 

 

A社の時よろしく、甚くお気に入りの御様子です。

しかし、問題もあります。

まず、車は2台しか停められません。3台停めようとすると外構工事やり直しになります。

そして、当然にして最大の問題は、三女の校区外です。当然転校が発生します。

 

 

 

八郎「ここにする?」

 

 

 

冗談半分に嫁に振ると

 

 

 

嫁「うん、いいかも♪」

33c3524f992c1975ec6d743e3b76875b_s.jpg

と、まんざらでもない様子。えっ、マジで?

この隙を見せたのが失敗でした。

このタイミングを待ってましたとばかり営業が攻めます。

 

 

 

営業「この物件は今までのよりお買い得ですよ。3790万です」

 

 

 

ずーっと4000万が続いていた中で、この物件だけ3790万なのは何か理由があるはず。

 

 

八郎「この物件だけ、何で4000万を大きく切るんですか?」

 

営業「この物件だけ、他の物件より土地が狭いので庭も狭い。建坪も他より狭いです」

 

八郎「(数値上狭いのかもしれないけど、そんな感じはいっさい無かったな、むしろコンパクトにまとまって、良い印象すらあった)」

 

営業「八郎様も気にされている車2台しか停められない、しかも縦列。これはかなりのマイナスです」

 

八郎「(2台しか停められないのは大きくマイナスだな)」

 

営業「ここから1分ほど歩いたところに月極駐車場が月3000円でありますよ」

 

嫁「あ、じゃあ車の問題は解決だ♪」

 

八郎「」

 

 

 

え、こいつ何言ってんだ。流石に嫁の悪ふざけに腹が立ってきました。

車より三女の転校っつう大事な問題があるでしょうがよ。

 

 

 

営業「あら、ここになさいますか?それなら頑張りますよ!」

 

 

 

おいおい、何か飛んでも無い方向に話が進んでるぞ。

この分譲地で家を買うなんて検討は全くしていなかったので、校区などの情報がいっさい無いし、そもそも三女の転校には嫁も反対してたじゃないか!!!!

思わぬ方向に進みだした話に、流石に狼狽の色を隠せません。

 

 

 

営業「備え付けの家具は全部置いていきます。要らない分は引き取ります。ウッドデッキにあるテーブルとチェアもそのままにします」

 

嫁「えええええ、いいんですかぁー!?」

 

八郎「おいおい、三女ちゃんの転校はかんg」

 

嫁「三女ちゃん、転校してもらおうか?」

 

八郎「」

 

 

 

あれ、何かこの流れ、どこかで見たことある流れだぞ。初めてじゃないな。

振った俺も悪いけどさ。

家具とカーテンサービス?あれ?何か違う建売現場で同じフレーズ聞いたような。

流石に転校は無かったけど。

え?三女転校?マジ転校させるの?いじめとか怖いって言っていなかったっけ?

この、押しに弱い感じをどうにかしないと…

そう思っていた矢先、営業がとどめを刺しに来ました。

 

 

 

営業「2Fもカーテン設置サービス、3700万でどうですか?」

(次回に続く)

 

 

 

あれ、分譲地は△△△じゃないの?三女は転校させないんじゃないの?

八郎家のマイホーム航路は、大きく本線を外れてきているような気がします…

次回「プレミアムオーナー」

君は、選び抜くことができるか。

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます。下記バナーをクリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です