【第4話】建売物件を見に行く(その4)

どうも!八郎です!!

今回は八郎家のプランに大きな影響を与えた「物件F」のお話。

建売のプランに大きく影響されるなんて、どんだけ底が浅いねん!!

と言う突っ込み上等。八郎家は底が超浅いです(笑)

   

駐車が不便な「物件F」

その物件Fは今までと明らかに違いました。

今まで道路沿いに駐車場と玄関があって、バーンと家が建っていたのが。。。

その物件は奥まった所に建っています。(下図参照)

物件E.JPG

そう、敷地やそれ以前に建っている建物との関係では、このような立地になる物件が稀にあります。

八郎も、他の分譲地で見たことがあります。

このような奥まった物件では、その玄関までの通路に車を縦列で止めるのが基本形になります。

営業「この物件は、縦列ですが3台とめることができます」

八郎「…」

これはアカン。

八郎家女性陣は車の運転が苦手です。

それなのに車はほぼ毎日稼動します。

1番奥の車を出すには、前2台を1回出して、3台目をようやく出した後、

また1台目と2台目を止め直さなければならない。(下図参照)

車出し.JPG

これは有り得ない…

しかし、この思いは内覧することにより複雑化していきます。

優れた家事導線と3台縦列駐車 どちらを取る?

内覧をはじめると、今日イチ、嫁の眼が輝き始めます…

嫁「素敵な家事導線ですね!!」

営業「でしょう!!建売でこの導線はなかなか無いんですよ(ドヤア)」

カジドウセン?食べれるの?美味しいの?

そう、家事をこなす女性にはとても重要な「家事導線」です。

この導線が優秀だと、女性の家事は大いに助かります。

物件Fの家事導線はこうでした。

まず、玄関からキッチンに至るまで2本の導線があります。

1本はリビングを介してキッチンにたどり着く「表導線」。

そしてもう1本は、リビングを通らず、洗面所からパントリーを介してキッチンにたどり着く「裏導線」です。

この利点は、お客さまがリビングにいらっしゃる時に、トイレットペーパーなどの生活感丸出しの買い物をした時に、

「ごめんあそばせ、オホホホホ」

と照れまくりながらリビングを通らず、裏導線を通り、客に気づかれること無くキッチンに辿り着ける所にあります。

また、洗面所(洗濯機)→キッチン→(勝手口から)外へ という一直線の導線。

これは洗濯物をすばやく外に出して干せるのに優秀です。

水分を含んだ洗濯物は思いの外重たいです。

これをほぼ毎日こなしている世の洗濯人にとって、歩く距離が短くなることは「家事がラク」になることを示しています。

この導線が、物件Fは優れていました。

魅せられてしまった嫁

嫁「わー、いいなあ、いいなあ」

すっかり物件Fの虜になった嫁。

八郎「でも、ここは車が縦列で3だ…」

嫁「ここに住めたらいいなあ」

八郎「車が縦列d」

嫁「私、毎日掃除洗濯頑張る!」

八郎「くるm」

嫁「いいなあ、いいなあ、いいなあ」

こうしてそれぞれの思いを抱えながら第1回建売物件の内覧は終了しました(笑)

この後、営業と案内所に戻り、家買う気ありますか?資金計画はどう考えていますか?

等を聞かれて、次回来週の日曜日の10時にここに集合、と言うことになりました。

9時30分に集合しましたが、終わって時計を見ると14時を回っていました。

これが、早いのか時間がかかりすぎなのかは、未だにわかりません。

ただ、担当にたずねると、長い人は朝から夕方まで、というのもあります、との事。

長くなりましたが、今回はここまで。

次回、八郎家の主要メンバーが集うG2サミットが開催されます。

第1回 八郎家G2サミット 「家事導線」か「縦列駐車」か

そして、その後激震が走ります…

いつもご覧いただきありがとうございます。下記バナーをクリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ


にほんブログ村


セキスイハイム(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です